こんにちは、あごながおじさんです。

 

僕は新卒で入社した会社をたった1年で退職し、第二新卒として転職活動を行いました。そのなかで僕が感じた学生時代の就職活動と第二新卒での転職活動の違いを紹介します。

 

大まかな選考の流れは就活も転活も同じ

第二新卒の転職活動の流れ
転職活動をしていく上で、大まかな選考の流れは就職活動のときと変わりません。
 

  1. 企業に応募する(履歴書や職務経歴書を送る)

  2. 書類選考に通過すると企業から連絡がきて、面接の日程調整に入る

  3. 数回の面接後、内定をもらう

 

ここからは、「学生時代の就職活動」と「第二新卒での転職活動」の違いを見ていきましょう。

 

明確なスタート時期がない

第二新卒 転職時期
就職活動は、現在3月解禁で6月から選考スタートとなっています。学生全員がリクルートスーツを纏い、「いよいよ就活だ!」って気合いが入るのですが、第二新卒の転職活動では明確なスタート時期がありません。

 

そのため、まわりの人云々ではなくすべて自分との戦いになります。1人で転職活動をするのは非常に不安なものです。就職活動と違って相談できる人はかなり限定的となってしまいます。自分ひとりだけでは転職活動を進められない人は、イベントやセミナーに参加して仲間を作ったり、マイナビジョブ20’Sのような完全無料で使える転職エージェントに行って、キャリアアドバイザーと二人三脚で選考に挑むのがいいでしょう。

 

応募できる企業が少ない

第二新卒での転職先
大学生のときはだいたいどの企業でも採用をしていたのに、第二新卒の転職活動で求人を見てみると、自分の志望している企業が第二新卒枠での採用を設けていないことが多々あります。

 

それぞれのホームページに行って、求人情報を確認するのがいいでしょう。また、一般には出回っていない求人を転職エージェントが持っていることがあるので、キャリアアドバイザーに応募したい企業が第二新卒枠を設けているかどうか確認するのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

書類選考で「職務経歴書」の提出が求められる

第二新卒 転職 職務経歴書
たとえ第二新卒での転職活動だとしても、職務経歴書の提出が求められます。僕の場合は、入社1年で辞めてしまったので、自分ひとりで書いた職務経歴書が内容に乏しいものになってしまいました。あまりにも内容に乏しかったので第二新卒AGENTneoのキャリアアドバイザーに相談し、自分が1年という短い時間の中で何をしてきたかということを徹底的にヒアリングして頂きました。その結果、「たった1年だけれども、職務経歴書を華やかにできるくらいの業務を経験してきた」ことがわかりました。人に相談することで自分自身の考えや今までやってきたことがわかることがありますが、採用のプロであるキャリアアドバイザーの力は本当にすごいです。

 

面接で「社会人経験」を問われる

第二新卒 転職 面接
学生時代と違って「社会人経験」があります。どうゆう業務に従事してきたのかどのくらいの成果を残したかを問われます。

 

そのため、自分がしてきた仕事を相手にわかりやすく伝える必要があります。第二新卒枠なので、スキルや経歴はそこまで深くは問われませんが、今までどんな仕事をしてきたのかやどのくらい会社に貢献してきたのかを自分なりにまとめておく必要があるでしょう。

 

退職理由も必ず聞かれる項目の1つです。なぜ聞かれるのかと言うと、「うちに来ても、またどうせすぐに辞めるんじゃないか?」と思われているからです。退職した理由を明確にしておくと共に、貴社では絶対に辞めませんという意思表示が必要です。
 

内定が出てから入社までの時間が短い

第二新卒の転職 内定
学生時代は、内定が出てから入社までにかなり時間が空く人が多いでしょう。しかし、第二新卒を含めた転職活動の場合は、内定が出てからなるべく早く行くか行かないかを決めなければなりません。そのため、気持ちの整理がつかないまま、転職先を決めてしまう人もいるでしょう。

 

事前にある程度自分の方向性を決めておき、内定をもらったら行く企業を決めておいたほうがいいと思います。

 

以上が、僕が転職活動を通して感じたことです。個人的に一番きつかったのが、就職活動とちがって孤独な戦いとなることでした。そんなときに転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談したことで、僕の転職活動での方向性を決めることができました。結局、僕はキャリアアドバイザーに紹介してもらった企業には行かなかったのですが、彼らに出会うことができなければ転職活動はうまくいかなかっただろうと思います。

 

一人で転職活動に苦しんでいる人は転職エージェントに相談することをオススメします。