TOEICでおすすめの単語帳をタイプ別にまとめて紹介!

TOEICの単語帳ってたくさんあってどれを選べばいいのかわからない人も多いと思います。

僕自身もTOEICの勉強を始めようとした時に、どの単語帳を選べばいいのかわからなくて、散々迷って無駄な遠回りをした記憶があります。

そんな苦い経験をこれからTOEICを勉強をする人にはして欲しくありません。そこで、ここではTOEICの英単語帳の選び方とおすすめの英単語帳を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

TOEICで必要な単語力とは?

TOEICは、ビジネスで必要な聞き取り力と読み取る力を問うのがもともとの趣旨です。つまり、英検のような幅広いジャンルの語彙は必要ないですし、大学受験やTOEFLに必要な学術系の英単語も出てきません。どの試験でも、中学生で習うような基礎単語を習得していればあとは各試験に特化した英単語の勉強をすればいいのです。

TOEICは、仕事関係のEメールや同僚とのコミュニケーションなど、ビジネスにおける状況下での問題がほとんどです。みなさんが一般的に受験するTOEIC L&R TESTは、きちんとビジネスにおける英会話を理解できるか(リスニング)と、ビジネス文書を読んで理解することができるか(リーディング)が問われる試験です。中には、ビジネス関連ではない問題も出題されますが、基本的な単語とこれから紹介するTOEIC単語帳をしっかりやっておけばほとんどが理解できるレベルの語彙となります。

ここまでの話をまとめると、極論すればTOEICの英単語の勉強はTOEICに特化したものだけをやればいいということになります。当ページでは、TOEICにおすすめの英単語帳を紹介していきますので、是非参考にして頂ければと思います。

TOEICで使うべき英単語帳のタイプ別診断

市販されているTOEICの単語帳は、

という5タイプの単語帳が挙げられます。

単語列挙型の英単語帳は、シンプルで単語だけをゴリゴリ暗記していくのには最適です。TOEICの英単語帳の大多数が単語列挙型をとっていますが、きちんと新出単語に対して例文をつけているものが多いです。

例文暗記型のメリットは、1つの例文の中で複数のTOEICに頻出する英単語を学習できることです。複数の英単語をまとめて覚えることができる反面、1回当たりの情報量が多すぎて覚えるのに苦労する可能性があります。

長文読解型の英単語帳は、英単語学習と長文読解学習を同時に行うことができる優れものです。また、CDを利用すればリスニングパートの対策にもなります。ただ、純粋な単語帳ではないので例文型と同様情報量が多く、習得するのに時間がかかってしまいます。

イラスト型は、英語⇒日本語だけでなく、英語⇒イラストで英語の意味を視覚的に判断できるように工夫されている英単語帳です。脳に視覚情報を入れることで記憶に強く残る形式の単語帳です。

イメージ型は、右脳を使った英語習得法です。日本語の文が書かれているのですが、新出の単語の部分だけが英語となっています。例えば、「社長が納得するようにpersuadeする」と言ったような感じです。

ここまでそれぞれの単語帳のタイプを紹介してきました。なんとなく単語帳のタイプがおわかりになったかと思います。それぞれの好みに合わせて単語帳のタイプを選ぶといいと思います。どのタイプの単語帳がいいのか目星がついたら、単語帳を選んでいきます。

スポンサーリンク

TOEICでおすすめの英単語帳

単語列挙型のTOEIC英単語帳

TOEICの英単語帳の多くが単語列挙型タイプで構成されています。単語列挙型の単語帳は、特徴がうすくどれも同じようなものが多いです。なので、見やすさや例文の質を基準としておすすめの英単語帳を紹介していきたいと思います。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

まず、既にTOEICを500点を超えている人が取り組むべき単語帳は、TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズです。500点を既にとっている人は間違いなく、金のフレーズが1番おすすめの単語帳です。とにかく試験によく出ます。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:600~900超の人
  • シンプルな単語帳で効率よく英単語を身に付けたい人
  • 500点以上の人に最もおすすめの単語帳

特徴

  • レベル別に分かれている。600点(400語)、730点(300語)、860点(200語)、990点(100語)
  • ページの左側に例文と日本語文があり、右側に英単語と解説が載っている
  • 例文が全て7語以下
  • ポケットサイズで通勤通学中にサクッとできる

まずは見開きページの左側に例文が載っています。例文は人間の短期記憶の限界と言われる7語以下で作られています。7語以下だからと言って例文が適当に作られている訳ではなく、実際に例文がそのまま試験に出題されることもあるくらい頻出のフレーズが使われています。

尚、音声はサイトよりダウンロードできるので、CDが付いてないからと言って敬遠する必要はありません。かなりおすすめの単語帳ですが、少し残念なのが、初心者には難しすぎるところです。500点を超えていない人は次に紹介するTOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター等の単語帳を終えたあとに金のフレーズをやるのが良いと思います。

TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター

TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスターは、TOEIC初心者に向けて作られた英単語帳です。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:400点~600点
  • TOEIC初心者向け
  • 特徴

    • レベル別に分かれている。400点(300語)、500点(300語)、600点(400語)
    • ページの左には英単語と日本語に加え、類義語などの補足説明が書かれている
    • ページ右側にはTOEICスタイルの短い例文が書かれている
    • 例文のうち、試験によく出る表現には頻出マークが付いている

オーソドックスな単語帳です。赤シートで日本語を隠しながら英単語の意味を答えていく形式です。平易なレベルのシンプルな単語帳かつ重要語句や大事なポイントが書かれているので初心者におすすめです。

新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

とにかくTOEICに頻出する英単語を1から勉強したいという人におすすめの英単語帳です。通常版とハンディ版があるので、それぞれの生活スタイルによって選ぶのがいいでしょう。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:470点~860点
  • TOEIC1冊目の単語帳をどれにしようか迷っている人

特徴

  • レベル別に分かれている。470点(210語)、600点(330語)、730点(330語)、860点(120語)
  • 通常版とハンディ版がある
  • TOEICの頻出する例文で無駄なく確実に力をつける

TOEIC初心者で単語列挙型の英単語帳を使う場合、TOEIC(R)TEST必ず☆でる単スピードマスター新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990から始めるのがおすすめです。更に難易度を落とした英単語帳には、いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト これから英単語 【超入門編】 目標500点!があります。

TOEICテスト英単語ターゲット3000

TOEICテスト英単語ターゲット3000は、基礎的な単語からTOEICに特化した難しい単語まで網羅しています。1冊しっかりやり込めば英単語に関してはほとんど問題なくなると思います。「TOEIC基本語彙」「TOEICビジネス基礎語彙」「実践TOEIC」の3章で構成されています。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:500点~800点
  • 一冊でTOEICに出る英単語の大部分を網羅させたい人

特徴

  • 初心者〜上級者まで使え、網羅性がある
  • TOEIC基本語彙では、英単語とその日本語、例文、関連語が1箇所にまとめられている
  • TOEICビジネス基礎語彙では、左ページにキーとなる語句を取り上げ、右ページに関連した語句が書かれている
  • 実践TOEIC語彙では、テーマ別の長文を読みながらTOEICに特化した英単語が勉強できる

「TOEIC基本語彙」のパートはオーソドックスな単語列挙型の英単語帳ですが、「TOEICビジネス基礎語彙」と「実践TOEIC語彙」は異なります。

「TOEICビジネス基礎語彙」は、例を挙げると、左ページに会社の部門”department”とその説明が書かれており、その右ページは人事部や営業部門など左ページに関連する部署名が列挙されていおり、1つのテーマをまとめて覚えることができます。

「実践TOEIC語彙」では、左ページに長文が書かれており、右ページの長文に出てくる英単語やまとめて覚えておきたい関連語が書かれています。

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスターは、基本的な単語は単語列挙型の形式をとりますが、ビジネス語や生活語といったまとめて覚えたほうが記憶に残りやすいものは長文の中で学ぶ形式となっています。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:600点~800点
  • 一冊でTOEICに出る英単語の大部分を網羅させたい人
  • 基本的な単語を品詞ごとに学習したい人

特徴

  • 基本的な単語が、「基本動詞」「基本形容詞・副詞」「基本名詞」と品詞ごとに分類されている
  • ビジネス語は32個の長文・生活語は16の長文で単語・表現をまとめて習得できる
  • 単語だけではなく、TOEIC頻出のイディオムを200個掲載

TOEICでは、イディオムを問う問題も出題されますのでスピードマスターを1冊こなしただけでも、TOEIC Part5&6の点数アップが望めます。

基礎的な単語を網羅する一方で、難しい英単語や内容が含まれていますので、初心者は各品詞の後半部分はやらなくてもOKです。

キクタンTOEICシリーズ

その名のとおり、「聞いて英単語を覚える」単語帳です。他の単語集では、単調な英語と日本語が流れるだけなのに対し、キクタンTOEICでは、BGMに乗せて英語と日本語が読まれるチャンツ(言葉をリズムに乗せて表現したもの)形式となっています。また、単調にならないように発話者が一定のサイクルに従って変わります。TOEICは、大学受験とは異なりリスニングの比重が大きくなるため、単語の発音を覚える必要があることを考慮すると「キクタンTOEIC」はとてもおすすめの英単語帳です。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:500点/600点/800点/990点
  • CDを使って音楽を聴くように英単語を覚えたい人
  • 発音やアクセントも一緒に覚えたい人

特徴

  • 聞いて覚える英単語帳
  • 1つの英単語に対し、ショートフレーズと例文(センテンス)がそれぞれついている
  • CD音声は飽きないようにリズムをつけたり、複数のナレーターが交互に読み上げたりするなどの工夫がみられる

キクタンTOEICは、合計で4冊あります。それぞれのレベルに合わせたものを選ぶようにしましょう。また、初心者は順を追って1冊ずつやっていくのもおすすめです。

TOEIC テスト全パート単語対策

TOEICテストのパート別の構成となっています。この英単語帳を使用するメリットは、苦手なパートを潰すことができるということです。TOEICはパートによって頻出するフレーズが若干異なってくるので、パートごとに英単語を覚え、苦手なパートを重点的に学習するのも効果的です。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:600点~730点
  • TOEICの英単語をパート別に覚えたい人
  • 苦手なTOEICパートがある人

特徴

  • パート別に構成されている
  • 英単語・訳・例文に加えてコメント欄があり、得点に結びつく裏技的なコツが記載してある
  • 音声はダウンロードできるが、棒読みであまりよくない

各英単語のコメント欄には、TOEICに出題されるお決まりのパターンやシチュエーション等が書かれており、点数アップに直接結びつくアドバイスが載せられていてすごくいいです。

例文暗記型のTOEIC英単語帳

1つの例文の中で複数のTOEICに頻出する英単語を覚えることができるのが、例文型英単語帳の特徴です。

例文暗記は全てを覚えるのに時間がかかりますが、1度覚えたら忘れにくく英語力を高めるのに効果的です。TOEICでは、英文を丸暗記するというよりは、例文を日本語に訳せるようになるくらいで十分だと思います。

TOEIC(R)テストやたらと出る英単語クイックマスター

TOEICに頻出する600の英単語が、200の例文の中に凝縮されています。ユニットごとにTOEIC頻出のテーマが設定されており、語句のイメージがつながり、記憶に残りやすい作りとなっています。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:470点~730点
  • 単語列挙型で覚えるのが苦手な初心者

特徴

  • 1つの例文につき、約3つのTOEIC英単語が習得できる
  • 4種類の音声ファイルが準備されている
  • 左ページに例文が書かれており、右ページに新出英単語の意味などが記載されていて見やすい

470点~730点を目指す受験者が必ず知っておくべき内容となっており、英語初心者にもおすすめです。まずは例文型で一通り覚えて、単語列挙型に移行するとスムーズに英単語を習得できるのではないかと思います。

長文読解型のTOEIC英単語帳

英単語をただ闇雲に覚えるのではなく、長文の中で覚えたいという人も意外と多くいるのではないかと思います。長文の中で英単語を学ぶメリットは、以下のとおりです。

  • 記憶に定着しやすい
  • 長文読解の勉強にもなる
  • CDを聞きながらやれば、リスニングの勉強にもなる

それでは、おすすめの長文読解型TOEIC英単語帳をみていきましょう。

いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト600点 これだけ英単語 Part5&6に挑戦!

いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト600点 これだけ英単語 Part5&6に挑戦!は、長文の中で英単語を覚えるという形式の英単語帳です。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:600点
  • 単語を学ぶついでにTOEIC Part5&6の勉強もしたい人
  • 初心者で長文読解型で英単語を習得したい人

特徴

  • 長文の中でTOEIC頻出の英単語が覚えられる
  • 長文のストーリーは1ページ完結型で面白く、サクサク進められる
  • 1冊で単語力アップ・長文読解力アップ・TOEIC Part5&6対策になる

初心者で長文読解型の英単語帳で覚えるのが好きな人、「長文のストーリーの中で、英単語をサクサク覚えたい!」という人には、こちらの単語帳がおすすめです。

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

大学受験でも有名な速読速聴・英単語シリーズのTOEIC版です。TOEIC版では、写真描写、会話、アナウンスやスピーチ、ビジネス文書など、実際のTOEICテスト形式の英文が使われており、その中にTOEIC頻出の単語が並べなられています。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:500点~700点
  • TOEICのリスニングの問題形式に慣れたい人
  • 単語を身につけるだけではなく、読解力もつけたい人

特徴

  • 単語学習だけではなく、リーディングやリスニングの勉強にもなる
  • TOEICでよく出題される問題がなんとなくわかるようになる
  • 長文の音声はあるが、単語1つ1つの音声がないのが惜しい

特に初心者の方は英単語力の強化だけではなく、読解力やリスニング力をつけることができる長文型の英単語帳を一冊やってみるのも良いと思います。ちなみに800点以上を目指す方向けの速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900もあります。こちらは結構難しい内容が多いので、ある程度力がついてからやるべきだと思います。

TOEICテスト出る語句1800+

長文というよりは、ショートストーリーで対話形式の中で英単語を学習できる単語帳です。登場人物が5人ほどいて、会話の中でTOEIC頻出の英単語を学びます。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:500点~700点
  • ストーリー形式で英単語を楽しく学びたい初心者

特徴

  • 会話文の中で、楽しく単語を学べる
  • ページの上半分にショートストーリーが書かれ、下半分に新出単語の解説が載っている
  • ストーリーのリピーティング用音声がついている

リピーティングは、英語力を高める上で非常に有効な勉強法で、通訳養成学校でも取り入れられているトレーニングです。リピーティング用の教材は少ないのですが、単語帳であるTOEICテスト出る語句1800+にはなんとリピーティング用の音声もついています。

会話文なので、楽しく勉強できるのに加え、実用的なフレーズも多くあります。是非覚えるまでリピーティングを繰り返し行ってみてください。

イラスト型のTOEIC英単語帳

これまで紹介した英単語帳は、英語→日本語という覚え方でした。しかし、イラスト型単語帳は英語⇒イラストで英単語を覚えます。メリットとしては、わざわざ日本語に訳さなくても、英単語をイメージとして頭の中に思い浮かべるようになることができることです。

例えば、日本語を話すときも「りんご」という時に「赤くて丸いもの」というイメージが頭の中に浮かぶと思います。聞いた英語をイメージのまま思い浮かべることができれば、訳す手間が省け理解が容易になります。

イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

単語列挙型の単語帳にイラストがついたような感じの英単語帳です。きちんと日本語訳や例文もついています。イラストはシンプルに描かれていますが、頭の中に残るような印象を持たせるものが多いです。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:500点~700点
  • 英単語をイラストで覚えたい人

特徴

  • 単語1つにつき、1つのイラストが描かれている
  • 単語1つにつき、イラスト・単語・意味・例文・ダジャレ文が載っている
  • ダジャレがやたらと多い

本の冒頭にダジャレ文を読んで、そのワンシーンであるイラストを頭の中で描く記憶法を紹介されていますが、これはやってもやらなくてもどちらでも良いと思います。大事なことはイラストを見たときに英単語がきちんと出てくるかどうか、もしくは英単語をみたときにイメージができるかどうかです。

TOEIC TEST 瞬感英単語 600点突破 最初の450語

イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880と似たような感じの英単語帳です。正直、あとはイラストの好みでどちらがいいのか分かれてきてしまうのではないかと思います。

こちらは450語しかないので、ボリュームでいうと圧倒的に少ないですが、コンパクトでより見やすい作りになっています。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:600点
  • 英語学習初心者

特徴

  • 単語1つにつき、1つのイラストが描かれている
  • コンパクトで見やすい
  • ページ右下には各単語の発音や文法上の注意点が説明されている

別冊のTOEIC TEST 瞬感英単語 600点突破 必須の450語も合わせてやるといいでしょう。

イメージ型のTOEIC英単語帳

イメージ型は、英語を日本語に訳さずにそのまま覚える英単語帳です。例えば、「グループをorganaizeする」と言ったように日本語の中で英単語を覚えていきます。正直、紹介しようかどうか迷った学習法ですが、人によっては覚えやすいと思う人もいるかもしれませんので、一冊イメージ型のTOEIC英単語帳を紹介します。

ヤバいくらい覚えられるTOEIC®英単語 スコア640

ページの左側に日本語文と新出単語が混ざった文が紹介されています。右ページには、英単語と訳が載せられています。確かになんども見ていると「上司を熱意でpersuadeする」など日本語と英語が混ざった文をそのまま覚えることができそうです。

英語を日本語に訳す必要がなくなるという点では、イラスト型に似ている面がある学習法です。

こんな人におすすめ

  • 目標点数:550点~650点
  • 他の人とは変わった方法で英単語を勉強したい人

特徴

  • 日本語文の中に新出単語がそのまま書かれている
  • 英単語をわざわざ訳す必要がなくなる

最近は日本にいても、英語をそのまま日本語の中で使う機会が増えてきている気がします。例えば、フレーバー(味)やカンファレンス(会議)などです。この単語帳を使っていると日々の日本語での会話の中で英単語をポツリと言ってしまうことが増えそうです。

TOEICでおすすめの英単語帳まとめ

ここまでTOEICの英単語帳のタイプとおすすめの単語帳について紹介してきました。

単語帳を選ぶ上で1番大切なことは、自分に合ったタイプの英単語帳の中から自分のレベルに合った単語帳を選ぶことです。

例えば、長文型の単語帳は人によっては非常に有効ですが、英語の長文読解が嫌いなのにわざわざ選ぶ必要はありません。その場合は、単語列挙型の単語帳で勉強して、長文読解は別の長文読解に特化した参考書を選んでやるべきです。

また、難しすぎる単語帳をやるのも挫折の原因になります。今の自分のレベルに合った英単語帳を選ぶことが大切になってきます。是非自分にとって1番良い英単語帳を選んで、TOEICの勉強に励むようにしてください。

英語を話せるようになりたい人必見!オンライン英会話徹底比較!

英語を話せるようになりたい!と思っている方は英会話教室よりも安くて毎日英会話ができるオンライン英会話がベストです。

数ヶ月やり続けてみるだけで少しずつ英会話ができるようになってくるのが実感できると思います。

ここでは、各オンライン英会話の特徴や料金比較、サービス内容など各社の強みをまとめてみました。

英語を話せるようになりたいと思っている方はぜひご一読ください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA