オンライン英会話で効果が出るまでの時間はどのくらい?

オンライン英会話ってどれくらい続ければ効果が出てくるんだろう。

英語学習を始めた人の中で、オンライン英会話の効果はどれくらいで出てくるんだろうと疑問に思っている人がいるかもしれません。中には、留学や海外出張など期限が決められた中でオンライン英会話を始めた人もいるかもしれません。

そこで、ここではオンライン英会話を始めてから効果が出るまでどれくらいかかるのかをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

オンライン英会話で効果が出るまでの時間はどれくらいなのか?

オンライン英会話を始めた人の悩みの中に以下のようなことが挙げられるのではないかと思います。

受講者の悩み
  • なるべく短期間で英語を習得したい
  • 長く続けると飽きてしまいそう
  • オンライン会話は安いけれども、ずっと支払い続けたくはない

確かにこのような悩みがあることは仕方ないことですが、まず最初に言っておきたいことは、英語を習得するには膨大な時間がかかるということです。

もちろん、個人差がありますが最低でも2000時間〜4000時間は必要だと言われています。すでに学校や塾、自学などで英語学習をやってきたと思いますが、とても数千時間やりきったとは言えないでしょう。

英語の習得はみなさんが思っている以上にハードルが高く、たった数週間や数ヶ月の勉強で身につくものではないということを知っておいてください。中には、3ヶ月毎日オンライン英会話を続けたけれども自己紹介すらままならないという人もいるようです。

ま、まじかよ。英語の習得ってそんなに厳しいんだ。

しかし、オンライン英会話を正しい方法で使うことができれば、1ヶ月ごとに英語力が改善されていくことに気づくはずです。それでは、どうすれば効率よく英語力つけることができるのかまとめてみたいと思います。

オンライン英会話を使って最短期間で効果を出す方法

実際にオンライン英会話で最短時間で効果を得るためには、どうすればいいのかな?

オンライン英会話を使って最短期間で効果を得るためには以下のことを実践してください。

オンライン英会話の受け方
  1. 英語学習の目的を設定する
  2. 1日1レッスン受ける=1日1時間英語に触れる
  3. 1ヶ月30レッスンごとに振り返りをする
  4. 復習や予習、レッスンの受け方を見直す

オンライン英会話を受講する目的は何か?

英語を習得するには膨大な時間がかかると述べましたが、自分に必要な英語を明確にすることで英語学習時間を短縮させることができます。

オンライン英会話の受講目的
  1. なぜ英語を習得したいのか?
  2. どのようになりたいのか?

「なぜ」を追求することで英語を学ぶ目的が明確になります。また、英語ができるようになったらどんなことをしたいのかを追求することは、英語学習に対する強いモチベーションになります。

英語を学ぶ目的がハッキリしたら、その目的に合った教材を選びオンライン英会話を受講していきます。

1日1レッスンを受ける=1日1時間英語に触れる

英語に毎日触れることが英語上達への第一歩です。早く効果を得たい人は毎日レッスンを受けるのがマストです。また、ただレッスンを受けて終わりにするのではなく、予習や復習もしっかりやることが前提となるので、最低でも1日1時間は英語に触れあう時間を設ける必要があります。

内容(例)
  • 予習:10分
  • レッスン:25分
  • 復習:25分
毎日1時間は大変だけど、やるしかないかぁ。

忙しくて毎日レッスンを受講するのは無理だという人もいるかもしれませんが、あまりにも感覚が空くとレッスンの内容を忘れてしまったり、毎回やるはずの自己紹介すらスムーズにできないなんてことになってしまう可能性があります。なので、どうしてもというとき以外、なるべく毎日やるようにしてください。

ほとんどのオンライン英会話では、毎日レッスンを受けても安いというメリットがあるので、積極的に活用すべきです。

1ヶ月ごとに振り返りをすることで、効果を得られているか確認する

始めのうちは毎日のように振り返りを行ってもいいかもしれません。慣れてきたら少しずつ間隔を空けていき、1ヶ月ごとにレッスンを振り返る機会を持つといいと思います。

振り返り内容
  • 自己紹介でどんなことを言えるようになったか?
  • 教材を何割理解できているか?
  • レッスン25分のうち、何分くらい自分が話しているか?
  • 教材やレッスンの中で習ったフレーズを何割くらい会話の中で使う事ができているか?
新しい表現方法をたくさん覚えたのに、ほとんど会話の中で使えてないなぁ。

振り返りをすると、自分に足りなかったことを発見することができます。つまり、予習や復習、レッスンの受け方に何らかの問題があるということです。

復習や予習、レッスンの受け方を見直す

振り返りをした後に自分に足りなかったことを日々の学習につけ加えていきます。ここでは、主に英語学習者に起こりうる事象について、対処法をまとめておきます。

自己紹介がスムーズにできない場合は予習でメモを作る!

30レッスン受けても自己紹介やスモールトーク(趣味や天気などの会話)がうまくできない場合は、予習を重点的に行ってください。

1日1つのスモールトークの話題を事前に準備しておき、話したいことをメモしておきます。英語圏ではスモールトークをするのが普通です。その場の緊張した雰囲気を和やかにするという意味でアイスブレークとも言います。

ネタ一覧(例)
  • 天気
  • 出身地
  • その日のこと
  • 週末の予定
  • 先週末やったこと
  • ニュース
  • 過去に訪問した国・場所
  • 趣味
  • スポーツ etc

スモールトークのメモ(例)

オンライン英会話は毎日講師が変わるから、自己紹介やスモールトークの練習にはもってこいなんだよね!

自己紹介やスモールトークは、オンライン英会話に限らず、実際に英語を使う場面でも非常に大切です。実際の英会話の場面でもスムーズに使えるようになるまで何度も何度も練習しましょう。

教材が理解できない場合、予習に時間をかける!

レッスンはたった25分しかないため、毎回教材の内容をじっくりと学習できるわけではありません。

教材でその日に取り扱う内容を軽く予習するだけでも、レッスンの理解度は大きく変わってきます。レッスンを受けても教材の内容が8割以上理解できていない場合は、必ず予習をしてからレッスンに臨むようにしてください。

全く理解できない場合は、そもそも教材のレベルがあってないってことも考えられるよ!

レッスンの半分以上の時間を自分が喋れていない場合は、相手の話を遮ってでも話すようにする!

オンライン英会話の最大の魅力は、外国人相手に英語を使って自分の思っていることを話すことができるということです。しかし、人によっては講師の話をずっと聞いてレッスンが終わってしまうこともあるでしょう。

レッスンであまり話すことができていないと感じる場合、まずは失敗を恐れないでどんどん話すことが大切です。フレーズが間違っていたり、正しい表現方法がわからない場合に、正しい答えを教えるのが講師の仕事です。どんどん間違えて正しい表現方法を教わるようにしてください。

また、講師によっては一方的に話し続ける人もいます。そうなるとオンライン英会話というより、講義授業になってしまい非常にもったいないです。そんな時は、話を遮っても全然大丈夫です。相手の話に対して、意見や質問を述べてもいいし、全く別の話題をふってもいいでしょう。

日本では人の話をじっくり聞くことが大切とされていますが、外国では先生が話している時でも話を遮ってでも意見を言います。また、意見をきちんと述べているので、評価されます。反対にただ話を聞いているだけだと、「本当に理解してるのかな?」とか「やる気あるのかな?」と思われてしまうことがあります。

話を遮るのは全然OK!!どんどん英語をアウトプットして行こう!!

学習した単語やフレーズがレッスンで使えてない場合は、復習方法を見直す!

日本人の多くが、単語やフレーズを覚えて終わりにしてしまっています。なので、英語が話せるようにならないのです。復習のやり方を見直してください。

復習では、習ったフレーズを改めて覚える(インプット)と実際に声に出す(アウトプット)の両方を行ってください。その日に習得したフレーズを今後のレッスンでスムーズに使えるようになるまで何度も声に出してトレーニングしてください。

インプットだけじゃダメで、アウトプットもしっかりやっていく!
スポンサーリンク

まとめ

オンライン英会話 効果
いかがでしたでしょうか。英語を習得するには膨大な時間が必要となりますが、予習・レッスン・復習のサイクルをしっかりと繰り返すことで確実にオンライン英会話の効果を得ることが実感できると思います。

すぐに英語がペラペラになるとかではなく、フレーズや表現方法を学んで使えるようにしていくことで少しずつ英語力が上達していくんだね!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA