「文法の勉強は意味ない」っていう考え方に絶対反対

「文法の勉強なんて英会話に役にたたない」とかいう人がおるけど、最近は「文法は外国語会話の学習に必須」っていうのが新しい常識になってきてます。

むしろ、英単語をたくさん知ってボキャブラリー増やしたとしても、文法知らんかったら、いざ英文聞いても文意がつかめないでしょう。逆に、文法の基本ルールを押さえておけば、多少分からない単語があっても文章全体の意味は掴めるはずなんですね。

 

日本人自身、日本語の語彙は完璧じゃない

日本人だって、知らない日本語はいっぱいあるでしょう?広辞苑を開いたら、「こんな日本語あったんだ」っていう言葉ばっかりですよね。

でもどうでしょう。

「知らない日本語がたくさんある」状態でも、「日本語が分からない」ってことはないはずですよね?どんなに国語が苦手でボキャブラリーが少ない人でも、日本語を聞いて「文意がつかめない」なんてことはないはずですよね。

 

結局、私たち日本人が日本語の意味を理解できるのは、「日本語の基本的な文法ルールがわかってるから」にほかなりません。

文法の基本的ルールを知らなければ、単語帳を一冊丸暗記したとしても、実際の英文をリスニングしてみたところで文章の流れがつかめないでしょう。

裏返せば、文法を学ぶことで、ボキャブラリーの少なさをカバーすることができます。文章の流れをつかめるようになります。

Having never been such a situation before, I had no idea what to do.

(そんな状況は初めてだったので、どうしていいか分からなかった)

なんて文章を聞いて、分詞構文の知識なくしてどうして理解できるでしょう?(語彙的には初歩的な単語しか使われてない文章です。)

 

「赤ちゃんが英文法をやらない」から英文法は不要なのか?

こう言う話をすると、「赤ちゃんが日本語覚えるときに文法の勉強なんてしないでしょ?」なんていう事をいう人がいますが、屁理屈だと思います。なんで「赤ちゃんがしないこと=無意味」ってことになるんでしょう?

赤ちゃん、言葉しゃべれるようになるのに何年もかかりますよね?

「あそぼう」「アリさんいる」「ワンワンこわい」みたいな1〜2単語の単純な言葉を言おうことができるようになれるまでに、生後2年半から3年ぐらいかかりますね。もうすこし複雑な文型、主語+述語+目的語なんかを話せるようになるのはさらに何年もあとのことです。まして作文なんてもっと先の話。

大人だったら、ちょっとした言葉を話せるようになるまでにここまで長年かからないはずですね。

文法の学習が体系立っているは、赤ちゃんだったら何年もかかる学習のプロセスをほんの短期間にショートカットする近道なのです。

文法の学習なしには、どんなに単語を覚えてボキャブラリーを増やしたところで、いつまでも幼児レベルの稚拙な言葉しか話せるようになりませんよ。

英語が苦手な人や初心者にオススメする英文法の参考書7冊

 

なにをかくそう、このあごながおじさん自身、文法の勉強(と発音の勉強)をして以来、TOEICのリスニングパートの点数が上がりましたからね。

英語の基礎的発音の学習→文法の学習→ボキャブラリーの増強(単語の学習)→リスニング・多読をこなす

この流れが鉄板、基本です。

 

あわせて読まれたい

英語の発音が勉強できる教材11選

TOEICを400点から900点に伸ばした勉強法まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA