ディクテーションは英語力アップに効果抜群!やり方やオススメの教材は?

ディクテーション

「英語のリスニング力を上げる方法はありませんか?」とよく聞かれることがありますが、私は決まって「ディクテーションをやってみましょう。」と言うようにしています。

ディクテーションは、CD音声等で読み上げられた音を一語ずつ書き留めるトレーニング方法で、英語を勉強してきた人の多くが実践してきた勉強法だと思います。

この記事ではディクテーションがどうして効果的なのか?そして、どのような手順で勉強を進めていけばいいのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ディクテーションとは?英語学習に効果的な理由

ディクテーション

ディクテーションとは、CD音声等で読み上げられた英語を一語一語書き取っていくトレーニング方法です。ディクテーションは、リスニング力はじめとした英語力の向上に役立ちます。

英語を聞き続けるのには非常に高い集中力が必要です。リスニングの勉強をしようとして英語を聞き続けていても、何を言っているのかほとんど理解できず、眠くなってきてしまったという経験は英語学習者であれば誰でもあると思います。

残念ながらその状態で英語を聞き流し続けても、リスニング力は改善されません。

集中力を保ちながら、リスニングの勉強ができるのが「ディクテーション」なのです。ディクテーションは聞こえた音を一語ずつ書き留めていく作業なので、集中して音声を聞かないときちんと聞き取れずうまくいきません。高い集中力を保つことができるという点で、ディクテーションは英語学習に効果的なのです。

ディクテーションで得られる3つの効果

ディクテーションをやることで得られる効果は、以下の通りです。

  • 自分の弱点(聞こえない音)を明確にできる
  • 単語と熟語の勉強になる
  • 英語音声に慣れることで英語力が向上する

自分の聞こえない音(弱点)を明確にできる

ディクテーションを行う最大のメリットは、自分が聞き取れない音を発見できることです。

英語には”[ ʃ ] sh”や”[ θ ] th”といった日本語にはない発音が存在したり、英語の単語と単語がある一定の法則で結びつくと音声変化が起こり、全く別の発音に変わってしまうこともあります。英文を読むことはできるのに、聞くとなると全く理解できなくなる人も多いと思います。

例えば、”Can I get a bottle of water?”と言う文があります。

文字で見ると簡単ですが、実際に発音すると「キャナイゲッラボローブウォーラー?」というような感じになります。

“Can”と”I”が結びついて「キャナイ」となったり、”get”と”a”で「ゲッラ」、”bottle”は「ボロー」、 “water”は「ウォーラー」のような発音になります。

英語のリスニングの勉強として、ただ惰性で100回聞き流しても、聞き取れない音が聞こえるようになることはありません。

日本語にはない英語の発音を聞き取れるようにするには、自分で正しい発音を言えるようになることが大切です。なぜなら、脳は耳から入った音を言語として認識するかどうかを、過去に自分の口や舌、喉などで音にしたことがあるかどうかを記憶しており、その記憶を元に判別しているからです。つまり、言えない音は何度聞いても聞き取れないのです。

ディクテーションをやることにより、自分の聞き取れない音を明確にすることができ、その後のリピーティングやシャドーイングといった発音を練習するトレーニングに生かすことができます。

単語や熟語の勉強になる

発音以外にも英語が聞こえない原因を特定することができます。英語が聞き取れない原因はおおよそ下記の通りに分類できます。

  • 正しい発音を知らなかった
  • 音声変化のルールがわからなかった
  • 単語を知らなかった
  • 熟語を知らなかった
  • 文法的な理解があいまいだったために聞き取れなかった

知らない単語や熟語は大抵の場合、ディクテーションでは書き取れません。単語帳や熟語帳で学ぶのではなく、ディクテーショントレーニングの中で知らない語彙を1つずつインプットしていったほうが効率良く勉強できます。

また、教わったことのある英文法も多々出てくると思います。ディクテーションで出てきたもので文法的にあいまいだったものを文法書で復習しましょう。

英語音声に慣れることで英語力が向上する

ディクテーションをやると英語に対する想像力や推測力を高まり、結果としてリスニング力以外の英語力も向上します。

なぜかと言うと、実はディクテーションで聞こえた音を書き取るだけだと、正解にたどり着くのは難しいからです。例えば、先ほどの”Can I get a bottle of water?”で言うと、「キャナイゲッラボローブウォーラー?」と発音します。

英語は文の中で大事ではない冠詞や前置詞などは弱く読まれるかほとんど読まれないこともあります。全ての単語がはっきり発音されるわけではないので、はっきり聞こえなかった部分は、文脈をヒントに推測したり、自分の持っている単語や文法の知識使ったり、発音のルールから推測したりする必要があります。

「今聞こえてきた音はもしかしてこの単語かな?」と辞書を使って解答を探してみたり、「主語が三単現だから、動詞にはsがつくはずだよな」と正しい英文法を意識する癖もつきます。その結果、語彙力や文法力もぐんぐん向上して生きます。

このようにディクテーションは様々なスキルを伸ばすことができるトレーニング方法なのです。

スポンサーリンク

ディクテーションのやり方

ディクテーションをする際に必要なものは、英語を読み上げてくれるCD音声とスクリプト、ノート、ペンです。また、スマホ英語学習アプリのスタディサプリENGLISHであれば、スマホ一台でディクテーションができます。

ディクテーションのやり方は次の通りです。

ディクテーションの進め方

  1. 短い音声を最大10回程度繰り返し聞き、読み上げられた文章を書き留める
  2. スクリプトで答えを確認する
  3. 聞き取れなかった箇所の発音・音声変化を確認し、発音の仕方がわからない場合は参考書等でチェックする
  4. 聞き取れなかった発音・音声変化を中心にリピーティングシャドーイングを行う
  5. CD音声を完全にコピーできるまで繰り返し声に出す

10回程度聞いても聞き取れない音は、それ以上やっても聞き取れないことがほとんどですので次のステップに移るようにしてください。ディクテーションをして終わりと言うわけではなく、次のトレーニングが大切なのです。

音声の書き取りをして聞き取れなかった箇所を確認するだけでは意味がありません。重要なことは、聞き取れなかった箇所を自分の口で言えるようになるまでリピーティングやシャドーイングで繰り返し練習することです。言えない音=聞き取れないという認識をしっかりと持って完全にコピーできるまで何度も練習を行うようにしてください。

ディクテーションで発見した聞き取れない音の原因別の対処法

単語・熟語が聞き取れなかった場合

単語や熟語が聞き取れなかった場合、

  • 単語や熟語は知っていたけど発音が原因で聞き取ることができなかった
  • 単語・熟語を知らなかったから聞き取れなかった

どちらが原因なのかを明確にしてください。

単語や熟語は知っていたけど発音が原因で聞き取ることができなかった

発音が原因の場合、発音の教材を使って発音記号を確認したり、その音をリピーティングやシャドーイングで繰り返し練習するようにして自分の口から正しい発音ができるようになるまで繰り返し練習してください。

単語・熟語を知らなかったから聞き取れなかった

ディクテーションで音声が聞き取れない原因が知らない単語・熟語だった場合は、その単語や熟語を1つずつ覚えていくようにしましょう。単語帳などでやるものよりも実践的な文の中で覚えることができるので定着させやすいです。

なお、わからない単語・熟語が1つの文に何個も出てきてしまう場合は、その教材があなたのレベルにあっていない可能性があります。もう少し優しい教材を選ぶようにしましょう。

音声変化によって聞き取れなかった場合

英語は一定のルールによって、単語と単語が結びついたり、単語そのものの発音が変わってしまうことがあります。ディクテーションで聞き取れなかった音の原因が音声変化にある場合は、リピーティングやシャドーイングを繰り返し行うようにしましょう。最初はうまく言えませんが、慣れてくるとスムーズに口から出てくるようになります。

文法的な知識があいまいで聞こえなかった場合

英文法の知識があいまいだった場合、英文法の参考書をとり、聞き取れなかった該当箇所を復習しましょう。

あまりにも文法の知識がない場合は、ディクテーションをやる前に薄い文法の参考書を見ておくようにしてください。

ディクテーションでおすすめの教材

ディクテーションをやるには、従来はCD音声を聞きながら、読み上げられた音声をノートに書き込んでいくのが一般的でした。しかし、CD音声を何度か聞くために、毎回再生して、巻き戻して、また再生してを繰り返すのが意外と面倒な作業でもあります。せっかくディクテーションをやりたいのに、思わぬところで手間がかかってしまうのはあまりよくありません。

そこで、注目なのが英語学習アプリであるスタディサプリENGLISHです。スタディサプリENGLISHの登場によって、従来よりも手間がかからず簡単にディクテーションができるようになりました。

スタディサプリEnglish ディクテーション
スタディサプリEnglish ディクテーション
スタディサプリEnglish ディクテーション

注目すべきは、聞こえた音をメールを打つようにタイプで入力していくというところです。もはや、ノートもペンも入らず、スマホアプリ一台で勉強することができます。また、音声も繰り返し聞くことができるので、リピーティングやシャドーイングを行うこともできます。

残念ながら、月額980円と有料にはなってしまいますが、7日間の無料体験ができるので是非ディクテーションを試してみてください。

ディクテーションのまとめ

ここまでディクテーションについてまとめてきました。ディクテーションの注意点として、書き取りだけやって終わらせないようにすることです。

大切なことは、ディクテーションで弱点を発見したら、その弱点を克服するためにリピーティングやシャドーイングを繰り返し行い、自分で言えなかった音を言えるようにすることです。結果として、今まで聞き取れなかった音も聞き取れるようになってきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA