be動詞の現在形を詳しく解説!

英語は主語の後ろに述語が並びます。その述語の中心となるのが動詞です。

動詞にはbe動詞と一般動詞の2種類があり、それぞれ性質が異なります。

ここでは、be動詞について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

be動詞とは?

be動詞に属する動詞は、”be”のみです。しかし、この”be”は厄介なことに主語によって形が変わります。

まずはどのように形が変化するのかを確認しましょう。

be動詞

このまま暗記してもいいですが、主語が単数の場合は”is”で複数の場合は”are”と覚えるようにするといいでしょう。そして、単数の中でも主語が”I”の場合は”am”、”You”は”are”とそれぞれ変化させます。

よく”I”を一人称、”You”を二人称、そしてそれ以外を三人称と言ったりします。つまり、三人称は”I”と”You”以外だということです。

なので、基本的には主語が単数の場合は”is”と覚えておくのがいいのではないかと思います。

be動詞の意味

be動詞を日本語に訳してみると、「〜です。」や「〜います。」という意味になります。

be動詞は「主語と主語を説明する語句」をつなぐ役割を担っています。ちょっとわかりづらいので、実際の英文を確認してみましょう。

be動詞の役割

このようにbe動詞は、主語”I”と主語を説明する語句”a student”をつないでいるだけで実質的な意味は持ちません。

I=a studentとは言う代わりに、”I am a student”と言うと理解しておいてください。

スポンサーリンク

be動詞の否定文

「私は学生ではありません」という否定文を作りたいときには、be動詞のうしろに”not”をつけてあげます。

be動詞 否定
否定文の例

  • We are not sad.(私たちは悲しくありません。)
  • You are not a soccer player.(あなたはサッカー選手ではありません。
  • Kota is not happy.(こうたは幸せではありません

be動詞の疑問文

「あなたは学生ですか?」と相手に質問したい場合は、be動詞の位置を主語の前に持ってきます。

be動詞 疑問文
疑問文の例

  • Are you sad?(あなたは悲しいですか。)
  • Is Ken a soccer player?(けんはサッカー選手ですか。)
  • Are you Kota?(あなたはこうたですか。)

疑問文への答え方

be動詞 答え方

「あなたは学生ですか?」と聞かれたときに、普通であれば「はい、(私は)そうです。」もしくは「いいえ、(私は)違います」と答えますよね。

英語でも同じように、”Are you a student?”と聞かれた時には、主語を変えなければなりません。つまり、”Yes, I am”か”No, I am not”と答えます。

一方で、主語が「彼ら」などの複数形や、「彼」や「彼女」といった場合は主語を変える必要がないのでbe動詞も変わりません。

④のように”this”や”that”といった主語がものになる場合は、答え方は”it”になります。

ものが主語になる場合の答え方

  • Is this a book?⇒Yes, it is / No, it isn’t
  • Is that a pen?⇒Yes , it is / No, it isn’t

英語を話せるようになりたい人必見!オンライン英会話徹底比較!

英語を話せるようになりたい!と思っている方は英会話教室よりも安くて毎日英会話ができるオンライン英会話がベストです。

数ヶ月やり続けてみるだけで少しずつ英会話ができるようになってくるのが実感できると思います。

ここでは、各オンライン英会話の特徴や料金比較、サービス内容など各社の強みをまとめてみました。

英語を話せるようになりたいと思っている方はぜひご一読ください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA