【教科書より簡単】冠詞「a」と「the」の違いをマスター、今日から迷わず使いこなせる!

初歩の初歩なのに、きちんと理解しないまま大人になってしまう人がほとんどの、冠詞“a”と“the”の違い。

学校なんかでは、“a”は「不特定のもの」、“the”は「特定のもの」と説明されると思うが、はっきり言って子供にとっては難しすぎる説明だよな?

「不特定」とか「特定」とか、そんな小難しい日本語で説明されても、子供にとってはわからないし、大人が聞いたとしても「わかったような、わからないような」感覚で、しっくりこなくて当然だ。

つまり、多くの日本人が“a”と“the”の違いをよくわかっていないのは、“英語の難しさ”という以前に、“日本語の難しさ”につまづいてるわけだ。

そこで、「教科書みたいな形式張った言い回しじゃなく、わかりやすい日本語で“a”と“the”の違いを解説して、スッキリ腹落ちしてもらおう」というわけだ。

結論から単刀直入に言うと、
“a”と“the”の違いは、
“a”=(お互いに)共通認識がないもの
“the”=(お互いに)共通認識があるもの
これだけだ。

ここで、自分自身が英語に挫折した経験のあるhiro先生という人がまとめた3分間の動画を見てみてくれ。

どうだった?
長年わからなかった“a”と“the”の違いがすっきり腹落ちしたんじゃないかい?

ところで、なら誰もが知ってるホラー映画の『リング』って知ってるよな?
あの貞子が出てくるやつだ。

いやあ、日本を代表する怖い映画、ジャパニーズ・ホラーの金字塔だよな。
あごながおじさんはまだ子どもの頃にみて、しばらく井戸がある場所に近づけなくなったぜ…。

それはともかく、あの『リング』がハリウッド版にメイキングされた作品で、『ザ・リング(The Ring)』っていうのがあるのを知ってるか?

タイトルの英語表記、『The Ring』だが、ここで“Ring”の前についている“The”は、みんなが共通認識を持っている者をさしていう「あの」の意味だ。

つまり映画のタイトルは「(みんな知ってる)あの“リング”」といったニュアンスのタイトルなんだ。

“a”と“the”を間違えると、思った以上にハナシが伝わらないことも…!

俺たち日本人の英語学習者がそこまで気にしない“a”と“the”の違いだが、実際はこの“a”と“the”を正しくつかわないと外国人が「?」となって、きちんと意味が通らないことも多々あるぞ。

今日学んだポイントをおさらいしよう。
“a”=(お互いに)共通認識がないもの
“the”=(お互いに)共通認識があるもの

さっそく今日からこのポイントを活かすだけで、外国人との会話の弾み方が劇的に改善するかもしれないぞ。

さて、今回載せたYouTube動画を作成したhiro先生が、短期間での英語マスターを可能にする“在宅で学べる英会話”の教材を完成させたぞ。
あなたも今まで英会話(特に英文法)で挫折した経験があるのなら、悲願の“英語マスター”という夢を東京オリンピックまでにギリギリ叶えるためにも、hiro先生の作ったこの英語教材もチェックして見てくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA