ついにAAAが活動休止!悲しいなあ…

嵐の活動休止が注目浴びがちだけど、個人的にはAAAの活動休止もかなりのショックです…!
(嵐に比べると世間の注目が少ない気がする…)

デビュー曲の「Blood on Fire」の頃はまだまだ人気が微妙で、「チャラいお兄ちゃん&お姉ちゃんの集団」っていうイメージだったけど、長い時間をかけて垢抜けていき、いまでは押しも押されもされない人気グループに変貌を遂げたAAA。


(15年前のデビュー当時。この時はまだみんな10代。10代の若者特有の「未完成だけど、命を削って輝いてる」かんじがして愛おしいです。)


(これがデビュー後12年たったAAA。どのメンバーもすでに30代に突入したとは思えない若々くてキラキラしてますね。)
(15年前は黒ギャルだった宇野ちゃんも、すっかり大人の女性になりました)

AAAがデビューしたのって、あごながおじさんが高校生の頃だったんですけど、その頃のAAAはほんとに一般人気が薄くて。
周りに「こないだレコ大で出てたAAA、すごいよな!?」みたいな話しをふっても、「は?」「なにそいつら?」みたいな反応だったんですよ。
カラオケで「Blood on FIRE」とか「ドラゴンファイア」とか入れると、すごいシラけた空気になったり。

まわりに味方がまったくいない。
必然、まわりに「おれAAA好きなんだよ!」って言いづらくなりますよね。

ところが、この3〜4年間のAAAの人気。
それも、メインは10代後半〜20代前半の若年層がファン層のメインを占めてるわけですよ。
もうね、アラサーのおじさん的には、完全に「やっと時代がオレに追いついてきたな…」「オレは15年前から目をつけてたゼ…」って感じですよね。

たとえばね、美容室とかで若い女性スタッフさんに担当してもらってる時とか、話題に困ったらとりあえずAAAの話しとけばだいたい大丈夫なんですよね。
びっくりするぐらい話題が持つんですよ。

これが韓流アイドルとかの話だと、なんか若い子に媚びようとして無理やり話題寄せようとしてる感じがして、「イタいおじさん」的な雰囲気が漂ってきちゃうんだけど、AAAはいちおう、15年も前からやってきてるグループだけあって、アラサーのおじさんが好きって語っても、わりと違和感なくて。
なんか、「若い世代とも話題が通じる、“わかってるオトナ”」的な雰囲気が醸し出せるんですよね。

何より珍しいのは、「男女混合のパフォーマンスグループ」というコンセプトで、従来の「男性向けアイドル」「女性向けアイドル」というセオリーを覆してるところじゃないでしょうか?
お隣のアーティスト大国、韓国のK-POPを見ても「男女混合のアーティスト」というのは見あたらないと思いませんか??

ふつう、芸能事務所って、グループ作りのコンセプトを考える時に「男のファン層を狙って、女性アイドルグループを作ろう」とか、「若い女性のファン層をつけるために、男性アイドルグループを作ろう」とか考えると思うんですけど、AAAは最初からそういうマーケティング的な考え方をすっ飛ばして、当時のエイベックスのプロデューサーが「おれたちの作りたいものを作ろうぜ」的な気持ちで作った、ある意味“芸術品”みたいな集団っていう感じがするんですよね。

いるようでいないポジショニング。
このどれだけ異色なコンセプトか。
AAAは紅白歌合戦にも何回か出場してるのですが、「白組として出場」した次の年に「紅組」として出場した、史上初のグループだったようです。

ところで、嵐の活動休止の場合は、理由が本人たちのモチベーションの低下というか、「もう長年やってきたからそろそろここで休ませてよ…」みたいなところが原因のようなきがするけれど、AAAの活動休止は嵐の場合とはまた違う気がしていて。
本人たちはわりとやる気があるみたいなんですよね。
ただ、ほかの某大手芸能事務所からの圧力とか、「大人の事情」が原因で活動の幅がせばめられてるというのが真相らしくて、もしこれが本当だとしたら、なんともかわいそう…。

このタイミングでグループとしての活動が休止してしまうのは本当残念だけど、個人としてソロ活動を続けるメンバーもいるみたいなので、みんなそれぞれ頑張ってほしいし、いつの日か再結成して戻ってきてくれることを楽しみにしています。

最後に、各メンバーのソロ活動について所感を書いておきましょう。

末吉秀太(Tiktokでおなじみ)


最近はtiktok界隈で大活躍していますが、もともとはバックダンサー専門の“歌わないメンバー”の一人でした。
たぶん、グループの中でも一番目立たないメンバーだった彼ですが、近年は一番人気のにっしーに変わって、サビやイントロを担当する機会が急増してきました。

不思議なことに、歌声だけでなく、ルックス自体も成長しているんですよね、末吉君は。
彼の人気が急速に伸び始めたのは、30代に入ってからでしょう。
歳を重ねるごとに可能性を拡げる秀太。
案外、数年後にグループで一番人気になっているのは秀太なんじゃないか?と勝手に予測しています。

SKY-HI(日高光啓)


最近は本名よりもソロ活動の名義“SKY-HI”のネーミングで知られる、AAAのラップ担当の日高、通称“だっちゃん”。
爽やかなルックスで非常に人気が高いだっちゃんですが、デビュー当時はドカタみたいな風貌で、声もダミ声で泥くさい感じがして、正直あまり好きではありませんでした。

が、デビュー当時の頭の悪そうな外見とは裏腹に、実はグループN0.1、いや、芸能界でも随一の知性派。
早稲田大学出身で、2020年には自身の会社も立ち上げています。
ファン向けのコメントや、個人ブログ内でのボキャブラリーが非常に豊かで、彼のブログを除くと、哲学的な、独特の表現であふれています。
通常だと、芸能人がやっているブログやSNSのコメントは、高確率でゴーストライターが代筆しているのですが、彼の場合は間違いなく自分自身の言葉で書き綴っています。(あごながおじさんはブロガーなので分かります)
芸能人って、一見個性的な人が多いように見えて、実はスタッフや事務所の言うとおりにキャラを演じている、ある意味“サラリーマン的”な人が多いと聞いたことがあるんですが、そんな中、日高氏は明らかに「自分の頭で考えようとしている」感じが垣間見えるんですよね。
貴重な存在です。

與真司郎


グループの中で一番真面目、ピュアです。
この間、ソロ活動のPVにお母さんを登場させていてビックリしました。
AAA活動休止後は「アーティストとしてのソロ活動はやらない」と明言しています。
(彼の発言からも、AAAの活動休止は本人達の意思じゃないところが垣間見えますね…)

なんか、ネット上の「AAA人気ランキング」みたいなのを覗くと、與くんが下位に位置付けられてることが多いみたいなんですが、個人的に身の回りのAAA好き女子の間で一番「好き」という声が多いのが與くんです。
「顔が好き」
「声が好き」
という評判をよく耳にします。
どうやら彼には「女の本能」をダイレクトにくすぐる魅力があるようですね。
細かなテクニックじゃなくて、生まれつきの魅力でファンを惹きつけてるという、いちばん羨ましいタイプですね。
いわゆる「遺伝子がいい」ってやつですよ。

彼は若い頃から英語を勉強していて今は日本ではなく海外(たしかLA?)に住んでいるみたいです。
皆さんもこの『あごながおじさんブログ』の情報を参考に英語力を磨いて、與くんに会いに行きましょう。
日本国内では絶対に出会えない大スターも、海外で「同じ日本人同士」という立場だと、案外簡単に会えるチャンスがあったりしますからね。

宇野実彩子(宇野ちゃん)

いまやグループの紅一点(むかしは女子メンバーが複数いた)。
デビュー当時はショートカットの黒ギャルでしたが、近年は一気にイメージチェンジを遂げ大人っぽく、色白になりました。

ただ個人的には色黒だった頃の宇野ちゃんのほうが好きではありました。
少し前に、Mステで香水をカバーした時にパフォーマンス発揮できてなくて話題になっていましたが、本来は野太くて力強い発生でファンを魅了してきました。

ルックスこそガーリーですが、実は腹筋が並みの男以上に発達していて、ダンスもバリバリ、とにかくフィジカルが強いです。
今でこそ筋トレする女子って市民権を得てますけど、10年以上前の日本で若い女の子で「筋トレが趣味です!」みたいな子ってほぼいなかったですからね。
とにかくね、体がいいんですよ。健康優良児。

ここ2〜3年は他の女子メンバーがいなくなった穴を埋めるためもあってか、元々の持ち味だったボーイッシュな風貌を封印してガーリーな路線に舵を切ってる印象がありますが、あごながおじさん的にはツンツンしてた頃の宇野ちゃんが懐かしく感じますね。

西島隆弘(にっしー)

もしかしたら西島隆弘というより“にっしー”の呼び名のほうが有名かもしれませんね。
昔からの人気No.1、エースです。
デビュー当時からずっと人気No.1。一強。
他のメンバーは数年スパンで人気が上下してますが、にっしーだけはずっと不動の一番人気です。圧倒的。

ドラマとかも出まくってますね。
過去には大河ドラマとかにも出たらしい。

完全に個人談で申し訳ないんですが、うちの父親は堅物で、昔から実家のテレビで音楽番組なんかを見てると「こんなの見てると退廃(たいはい)するぞ!」とかわけのわからないこといって「その時歴史は動いた」にチャンネルを変えたりするような典型的ツマラないオジサンで、当然若いアーティストなんかほとんど興味を持たないし、当然AAAなんて知る由もないんですが、大河ドラマで見たからなのか、にっしーだけは認知してるみたいです。
なんか「演技がうまい!」「若いのに大したもんだ」とか言ってましたね。
とにかく、にっしーのお茶の間への浸透ぶりは群を抜いてます。
「AAAは知らなくても、にっしーは知ってるでしょ?」みたいな名言もあったような気がします(違うかな?)。

とりあえず、若い女の子との会話に困ったらAAAを話題に出してください

なんか、各メンバーのいいところだけを紹介するつもりが悪口なんかも混じっちゃった気がするけど、それぐらい長年親しんで、愛を育んできたグループなんですよね。
特に、個人的に思い入れが強かったり、好きなメンバーほど悪態が混じっちゃいます。
寂しさの裏返しですね。

なんか文章にとりとめがなくなってきて、自分でもどう文章を終わらせたらいいかわからなくなってきましたが、とりあえず最後に一言。
若い世代との会話に困ったら、AAAを話題に出すといいかもしれませんよ!

あわせて読まれたい
【留学中の気分で英語を勉強したいあなたへ】ゲストハウスで人生を変えよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA