【“3分でわかる「on」と「up」の法則”を理解して、“膨大な暗記”に費やす時間をばっさりカットしよう!】

【“3分でわかる「on」と「up」の法則”を理解して、“膨大な暗記”に費やす時間をばっさりカットしよう!】
 
英雄の表現で頻出する、「動詞+前置詞」。これを句動詞(イディオム)と呼ぶ。
わかりやすいもので言えば、「get up(起きる)」などで、日常会話の中でも頻出する。
 
だが、この句動詞、一見簡単な単語を用いているが、侮れない。
一つの動詞に対してつく前置詞が変わるだけで、意味が180度変わってしまう。
 
日常会話で頻出の句動詞、もちろん意味を知っていないと話せないだけでなく、相手の言っていることも理解できない。
 
筆者も、ネイティブと話す時に句動詞をよく耳にしていたが、簡単な単語をつなげているだけなのに、意味がさっぱり理解できないことは多々あった・・・。
もちろんそこでコミュニケーションも躓いてしまう。相手も、こんな簡単な単語を使っているのに?と言わんばかりの困惑。。今思い出しても、情けない。
 
となると、この句動詞、わざわざ1つ1つ覚えないといけないのか?
でも、いったい句動詞っていくつあるんだろう・・?
 
句動詞の数なんて膨大にある。
わざわざ1つ1つを丸暗記するなら、何時間かかるのか・・そんなことを考えると途方に暮れる。
目の前に巨大な壁が立ちはだかっているようだ。
 
そんな君に朗報だ。
「前置詞はイメージを掴むことで意味が理解しやすくなる」
 
そう、こんな膨大な量の句動詞を丸暗記するのはとてつもなく大変だが、前置詞のイメージを掴むと、意味が理解できるようになる。
前置詞は、言葉で意味を理解するのでなく、イメージを掴むのがコツだ。
 
ここで、hiro先生の動画を見てみてほしい。
 
 
(動画)
 
 
 
 
【“on”は「上にくっついてるイメージ」、“up”は「離れるイメージ」?】
 
 
例えば、動画で紹介している”hang on”と”hang up”。
「電話をつないだままにする」、「電話を切る」という意味だ。
 
“on”はくっついているイメージ、”up”は、離れるイメージなので、これを受話器に当てはめると、
 
・hang on
 →受話器が耳に”ついている”=電話をつないだままにする
・hang up
 →受話器が耳から”離れている”=電話を切る
 
という意味になる。
なるほど、とてもわかりやすい。
このようにイメージさえ掴んでおけば、あとは想像ができる。
1つ1つ覚えようとするととてつもない労力がかかり非効率な上、忘れてしまったらおしまいだ。
そんな前置詞も、イメージとして覚えておくことで、記憶に残りやすい上、わからないイディオムに出会った時にも汎用が効く、という訳だ。
 
【“ネイティヴの感覚”を身につければ、TOEICのPART5・6も正答率アップ!

 
TOEICでは、いかに時間をかけずに解くかが勝負のカギとなる。
そこで、わからない句動詞なんかが出てきて躓いてしまって、時間を取られてしまっては勿体ない。
文脈から色々な選択肢を考えるかもしれないが、TOEICで、考えてもわからないところに時間を費やしてしまうのは致命的だ。
 
しかし、わざわざ句動詞を丸暗記しなくてもイメージさえ掴むことができれば、文脈の流れからも大体意味が理解できるようになる。
TOEICのPart5、Part6の読解問題で躓くことも減り、刻一刻と過ぎていく時間の浪費に焦る気持ちを抑えられるだけでなく、わからない語句に出会った時にも汎用を効かせ、想像できるようになる。
TOEICで高得点を狙うなら、この前置詞のイメージを理解しておくことがとても重要なのだ。
 
 
 
 
英語をマスターするには、避けて通れない「句動詞」。
これを機会に、「意味を言葉で丸暗記」ではなく、「イメージする」ことを覚えていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA