みなさん、こんにちは。今日は千葉県松戸市にある雷本店というラーメン屋に行ってきたので早速レビューしていきたいと思います。常磐線各駅停車北松戸駅から徒歩で3分程、6号線沿いにあるラーメン屋です。夜中まで営業していてすごく並んでいる時間帯もあるので時間に余裕を持って来店してください。

とみ田の関連店である雷本店

公式ホームページの運営統括責任者をみてみると、なんと「とみ田」の店長である、

 

富田 治氏

 

になっているではないか。実は雷本店は、富田氏の右腕と言われていた上江洲氏が店長を務めていたのだが、数年前に故郷である山梨でラーメン屋をオープンすることになった。上江洲氏が店を去る時、店内に貼り紙が貼ってあって、非常に悲しい気持ちになったことを記憶している。上江洲さん!いつか山梨までラーメン食べに行きます!

 

雷本店は上江洲氏がいなくなってからも、相変わらず行列ができるほどの人気ぶりである。ラーメンは二郎系のガツンとしたラーメンだ。しかし、今回僕が注文したのはラーメンではなく、つけ麺(魚)である。

雷 つけ麺

 

なんだ、この魚粉の量は!!

 

とみ田よりも魚粉の量が多いような気がするぞ!?

 

麺は相変わらずコシがある

 

とみ田系列の麺はどの店もコシがある。ただ、麺よりも気になったのが、

 

チャーシューのでかさ

 

雷のロゴマークを意識しているようなチャーシューに圧倒される。初めて行く人1枚で十分だ。チャーシューだけで腹がいっぱいになってしまうぞ。

一口食べてわかるのは、めちゃくちゃ濃い。僕が食べてきた濃厚魚介つけ麺の中でも1番特濃なつけ麺だ。その証拠にスープがめちゃくちゃ極太麺に絡む。めちゃくちゃうまい!!ただ、スープがめちゃくちゃ絡むせいかチャーシューが大きすぎるせいか、お腹がいっぱいになるのが早い気がする。僕は基本的にどこのラーメン屋でも大盛りを頼むが、雷本店の大盛りを完食するにはそれなりの覚悟が必要だ。

麺を完食したあとはスープ割りを飲むが、少なめを選択することもできる。スープ割を残して注意される人を今まで何度もみてきた。飲みきれないのであれば最初から少なめを注文しておこう。それでスープ割を飲んだんだけど、

 

濃くてうまい

 

蓮華が止まらないよ。美味しすぎるよ。でも底のほうまでいくとジャリジャリしていて「カラダに悪そう」って思うんだけど、もうここまできたら割り切るしかないよね。雷を昼に食べた日は晩飯は抜きにするあごながおじさんでした。

 

あごログ評価:5.0

 

Adios!!