【松戸】駅から徒歩1分!武蔵家の横浜家系ラーメン

松戸駅のすぐ近くに武蔵家という家系のラーメン屋がある。松戸駅近くで有名な家系のラーメン屋は2店舗あり、1つは「武蔵家」でもう1つは「じゃん家」だ。それぞれ特徴があって美味しいラーメンを提供している。

 

今日は、僕がよく通っていた武蔵家の紹介をしていきたい。

 

スポンサーリンク

アクセス

武蔵家は、松戸駅東口の階段を降りてすぐのところにあり、徒歩1分以内にたどり着くことができる。赤い看板が目印だが、駅前のビル1階にあり、すぐ隣にはミスタードーナツがある。同じビルには、「らぁめん一撃」と「翔軼屋」の2つのラーメン店も入っているが、常に武蔵家に一番お客さんが入っている。ちなみに武蔵家は、松戸店以外にも都内や千葉県内に数店舗あるので家の近くにあるかどうか調べてみるといいだろう。

 

お店の雰囲気

カウンター席が8席あり、事前に食券を買ってから席に座ることになる。満席のときは、カウンター席の後ろにある椅子に座って待つよう指示される。荷物置きのラックもあるので、床置きしなくて済む。店員さんは元気があり、活気のあるお店だ。男性客が圧倒的に多く、女性がひとりで行くには少しハードルが高いかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

おすすめメニュー

食券を渡すと、「お好みはございますか?」と聞かれるので、麺のかたさや味の濃さ、油の量を選択する。

 

続けて、「ご飯はいりますか?」と聞かれる。ご飯は無料で食べることができるだけではなく、大盛りにもできるし、おかわりもできる。さらに嬉しいのが、漬物(きゅうりのキューちゃん)をサービスで付けてくれる。稀にではあるが、株の煮込みや豚の角煮をサービスで提供してくれることもある。おかずだけでご飯が何杯もいけてしまうので、食べ過ぎ要注意だ。

 

そんな武蔵家のおすすめは、普通のらーめんである。武蔵家のいいところは、注文した後の待ち時間が極端に短い。しかもライスを先に出してくれるので、さきに漬物と一緒にご飯を食べることができて退屈しない。5〜6分も待てば、ラーメンが出てくる。

 

 

僕はいつも麺かため、味濃いめで注文している。スープは家系特有の最初に醤油っぽい味を感じ、後から豚骨の強烈な味がやってくる感じだ。何度か通っているが、日によって若干味がちがうのは気のせいだろうか。作る人によって、かわってしまうのかもしれない。

 

具材は、海苔とほうれん草、肩ロースを使った厚いチャーシューが乗っている。家系の汁をたっぷり染み込ませた海苔とご飯の相性は最高だ。

 

麺は、家系御用達の酒井製麺のメンだ。中太のストレート麺で食べ易い。かためでちょうどよかったので、ふつうで頼むとちょっと柔らかいのかもしれない。

 

家系にしてはちょっとライトなのかもしれないが、鶏油(チーユ)とオーソドックスな具材を使用したシンプルな家系ラーメンで、特に家系にこだわりがない僕にとってはふつうに美味いラーメンである。

 

基本情報

  • 住所:千葉県松戸市松戸1228-1 松戸ステーションビル 1F
  • TEL:047-368-6868
  • 営業時間:11:00~24:00
  • 定休日:なし

 

まとめ

武蔵家松戸店は、駅のすぐ近くにあって気軽に家系のラーメンを食べるにはもってこいのお店である。夜も遅くまでやっているので、シメの一杯には最高だ。ただし、ご飯おかわり自由だからと言って、食べ過ぎに注意するようにしよう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA