第二新卒で転職活動する人にオススメの転職エージェント・サイト

新卒採用が売り手市場となっている中で、第二新卒に力を入れる企業が増えています。その中で企業側は、転職エージェントを積極的に活用するようになってきています。そのため、転職エージェントには優良企業の求人が多数集まっています。そこで今日は次の通りに従って説明していきます。

 

  1. 第二新卒とは?
  2. 第二新卒で転職するメリット・デメリット
  3. 第二新卒でオススメする転職エージェント・サイト
  4. 転職エージェントに登録した後の大まかな流れ

 

スポンサーリンク

Contents

第二新卒での転職とは?

第二新卒 転職理由
第二新卒とは一般的に、学校を卒業し、就職してから3年以内に転職活動を行う人たちのことを言います。既に退職しながら、転職活動をしている人もいれば、働きながら転職活動を行う人もいます。

 

新卒者が、僕のように就職後3年以内に離職してしまう割合は増加傾向にあります。厚生労働省が発表している大学新卒者の離職率統計では、30%以上の人が3年以内に退職しているという調査結果があります。これだけ割合が高いということは、就職活動自体に問題があるように思えますが、その話は別として、これから「なぜ苦労して内定を勝ち取った会社を早期に退職してしまうのか」をみていきましょう。

 

若手人材の転職理由

ここでは、若いうちに転職をした人たちの転職理由を知るために、厚生労働省が発表している平成27年雇用動向調査結果の概況の中にある20歳〜24歳の転職理由をみてみましょう。

 

転職入職者が前職を辞めた理由別割合
男 20〜24歳

  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった 19.6%
  • 仕事の内容に興味を持てなかった 10.9%
  • 給料等収入が少なかった 10.5%
  • 会社の将来が不安だった 9.9%
  • 職場の人間関係が好ましくなかった 5.3%
  • 定年・契約期間の満了4.6%
  • 会社都合 3.7%
  • 能力・個性・資格を生かせなかった 3.1%

女 20〜24歳

  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった 15.4%
  • 職場の人間関係が好ましくなかった 13.6%
  • 給料等収入が少なかった 13.5%
  • 仕事の内容に興味を持てなかった 7.6%
  • 定年・契約期間の満了 7.3%
  • 会社都合 3.2%
  • 能力・個性・資格を生かせなかった 3.1%

 

 

男女共に転職理由のトップは、労働時間や労働条件が悪いためであることが伺えます。「残業が多い」や「休日出勤が当たり前」のような環境にいる人たちは環境改善を求めて、転職活動をする人が多いようです。また、男性では仕事に興味をもてなくて転職したり、女性では人間関係がうまくいかずに転職している人も多いようです。これらの転職理由を見てみると、「今の若者は我慢力や忍耐力がない」と思われがちです。しかし、外国文化の流入やインターネットの普及で容易に情報を手に入れることができるようになり、急激に価値観が多様化する中で、「今の若者は・・・」と言っている企業はもはや時代遅れだと思います。企業が従来と同じスタイルで社員のモチベーションとパフォーマンスを引き出し、業績を高めていくことは難しくなっていくでしょう。

 

第二新卒採用に積極的な企業が続出している

第二新卒での転職活動に積極的な企業
この数年間で企業側も採用に積極的になってきています。リーマンショックの影響から脱出し、円安やアベノミクス効果で業績が右肩上がりになる企業が増えてきました。それに合わせ、採用を増やす企業が続出していることで、新卒採用は売り手市場となっており、まだしばらくその状況は続くとみられています。その影響もあって、企業側は就労経験の少ない第二新卒市場での採用に力をいれるようになってきています。大手企業の間でも第二新卒の採用に積極的になってきていることが日本経済新聞でも取り上げられました。

社会人経験の浅い第二新卒の採用に力を入れる動きが大手企業の間で広がっている。三菱電機が今秋入社から採用を始めるほか、博報堂は採用数を2倍に増やす。経団連に加盟する企業の新卒採用面接が6月1日に解禁されたが、今年の新卒・中途採用は空前の売り手市場。第二新卒に間口を広げ、優秀な人材を獲得しようとしている。

 

企業側が第二新卒の採用をするメリットは?

それでは企業側が第二新卒の採用をするメリットは何なのかを説明します。企業が第二新卒を採用するメリットは主にコストの削減とやる気のある優秀な人材の確保にあります。

 

新卒で入社してくる人材は、社会人経験がない人がほとんどです。社会人としての常識やビジネスマナーの習得に莫大な費用をかけなければなりません。第二新卒で採用する場合は、社会人しての基本を身につけている場合がほとんどなので、すぐにOJTなどの現場での指導を行うことができます。

 

また、学生時代の就職活動で納得できるような結果を残すことができなかった優秀な学生は、第二新卒での転職活動に積極的です。成長意欲があり、伸びしろのある人材を確保できる可能性があるため、第二新卒の採用枠を設ける企業もあります。

 

転職希望者側の第二新卒のメリット

第二新卒で転職するメリット
ここ数年で企業側が第二新卒での採用を積極化することによって、転職希望者も多くのメリットを享受できるようになってきました。

業界や職種に関係なく募集している企業が多い。

中途採用になると経験者募集となってしまい、応募できる会社が限られてきます。しかし、第二新卒枠であれば業界や職種未経験でも採用してくれる企業が多数存在します。僕はもともとメーカーで管理系の仕事をしていたのですが、転職エージェントの方に人材や広告業界や営業の案件を紹介してもらいました。

 

ポテンシャルで評価してもらえる

中途採用の場合、実績や経験、スキルが評価の対象となってきます。しかし、第二新卒の場合は、仕事の成果よりも自身の持っているポテンシャルを大きく評価してくれる企業が多いです。僕自身も新卒で入社した会社を1年で退職しているため、職務経歴書にあまり大したことは書けなかったのですが、第二新卒というのが強みとなって、転職活動をうまく終えることができました。

 

大学時代の就職活動と比べると競争率が低い

大学時代の就職活動に比べ、第二新卒枠では応募数が圧倒的に少ないです。そのため、競争率は低くなります。特に学生時代に就職活動を必死にやって志望していた企業に入った人たちは早期離職しないことが多いので、いわゆる就活優等生たちと戦う必要がありません。もちろんですが、競争率が低いからと言って誰でも受かるわけではないので注意しましょう。

 

自分が何がしたいのか明確になる

新卒で入社した会社で働いた経験から、大学時代にはわからなかった、「自分のしたいこと」に気づくことができる可能性があります。反対に、「こんな仕事は自分はしたくない」や「ワークライフバランスをもっと大切にしたい」など新たな発見もあり、転職活動のときの軸を作りやすくなるでしょう。

 

デメリットは?

第二新卒 転職 デメリット
メリットがあれば、当然デメリットもあります。特に第二新卒で転職を希望する場合は、次に紹介するデメリットがあることを頭に入れておいてください。

 

志望する企業が第二新卒を募集してない

最近では第二新卒を募集する企業が増加していますが、第二新卒枠を設けていない会社もあります。自分の行きたい企業がある場合は直接ホームペーシをチェックし、第二新卒の募集をしているかどうか確かめてみましょう。また、転職エージェントが非公開の求人案件を抱えていることもあるため、キャリアアドバイザーに聞いてみるのもいいでしょう。

 

またすぐ辞めてしまうのではないかと思われる

第二新卒では、一度退職することになる(あるいは既に退職している)ので、「入社してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と厳しい目でみられることが多いです。大切なことは、面接で「なぜ今の仕事を辞めたのか?」を明確にし、自分の価値観や考えをしっかりと伝え、「貴社では絶対にすぐやめません」と相手を納得させることです。僕自身も面接のなかで、退職理由や次の会社での意気込みをうんざりするぐらい何度も聞かれました。

 

社会人としてのマナーは身についていると思われる

少なからず社会人経験があるので、挨拶や服装などの基本的なマナーは身についているものと思われています。学生時代より一層慎重に失礼な態度を取らないよう、発言・行動を気をつけなければなりません。

 

オススメの転職エージェント・サイト

第二新卒での転職活動をするには、転職エージェントの活用が好ましいです。

 

なぜなら、優良企業の求人を多数保有していることと書類作成や面接対策まで一貫したサポートを行ってくれるからです。特に働きながら転職活動をする人にとっては、転職活動に充てられる時間も限られてくるので、手厚いサポートを受けることができる転職エージェントを利用することをオススメします。

 

しかも転職エージェントは最初から最後まで無料で受けられるサービスなので、積極的に活用するべきです。それでは早速僕が第二新卒の転職活動で利用したオススメの転職エージェントをみていきましょう。

 

第二新卒ナビ


非常に手厚いサポートで第二新卒の内定率はなんと83%を超えています。更に第二新卒は書類選考が通りにくいと言われている中で書類選考通過率は87%以上、更に入社後の定着率が92%と手厚いサポートとブラック企業を徹底的に除外した求人が魅力です。

 

「第二新卒ナビ」はこんな人にオススメ

  • 何から何までサポートをしてもらいたい
  • 面接対策を重点的に行いたい
  • 優良企業のみを紹介してもらいたい

 

とにかく手厚いサポート

「企業の探し方がわからない」「書類や面接でことごとく落とされる」「働きながらだとスケジュール調整が難しい」といった第二新卒での転職活動の悩みを解消してくれます。

 

とにかくキャリアアドバイザーからのサポートが手厚いです。キャリアアドバイザーが行ってくれる一例を挙げてみます

 

  • 性格や能力に適した求人紹介
  • 各面接ごとに模擬面接を1〜2時間行う
  • 面接日に都合が悪くなってしまった場合の日程変更調整

 

カウンセリングから面接対策まで平均20時間程度のサポートを行ってくれます。ちなみに他のエージェントだと1時間の面談が約3回程度です。悩みが尽きない転職活動中において、相談相手となってどんな悩みに対しても寄り添ってくれます。

 

転職エージェントの仕事は、企業に人材を紹介することで仲介料を得ています。しかし、転職希望者の転職したい動機によっては、「まだ君は今の職場に残ったほうがいい」とか「急いで転職する必要はないよ。」というようなアドバイスをすることもあるそうです。

 

てっきり誰に対してでも、転職したほうがいい!(そうしてもらったほうが儲かるから!)と言っているものなのかと思っていました。第二新卒ナビは、転職希望者のことを考えた親身なサービスを提供してくれるのが強みです。

 

僕の場合は既に退職していたので、何度もカウンセリングを重ねていくうちに、オススメの求人案件を提案して頂いたり、自己PRや志望動機を一緒に考えてもらいました。

 

キャリアアドバイザーのほとんどが第二新卒での転職活動を経験

第二新卒ナビのユニークなところは、キャリアアドバイザーのほとんどが第二新卒での転職活動を経験していることです。

 

退職した理由など周りの人に言いづらいことも、同じような経験をしてきたキャリアアドバイザーになら相談できるかもしれません。

 

転職についてまったくわからない人や相談したい悩み、不安がある人は、「第二新卒ナビ」のキャリアアドバイザーに相談するのがいいでしょう。

 

 

第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneo
今まで15,000人以上の第二新卒者を転職成功へと導いてきたネオキャリアが運営する第二新卒専門のエージェントである「第二新卒AGENTneo」。第二新卒の転職を熟知したキャリアアドバイザーが多数在籍しており、親身にサポートしてくれるのが実績に繋がっています。

 

「第二新卒AGENTneo」はこんな人にオススメ

  • 優良企業のみ紹介してもらいたい
  • ビジネスマナーなど就職後に必要なことを学びたい
  • なかなか自分ひとりでは転職活動が捗らない

 

ブラック企業を除外し、優良企業を紹介してくれる

転職した先が「ブラック企業」だったなんてことになれば、再び辞めてしまう可能性が出てきます。若いうちに何度も転職することは、マイナス評価になることが多いです。

 

第二新卒AGENTneoでは以下のような優良企業のみを紹介しています。

  • 社会保険がしっかりと整備されている
  • 離職率が低い
  • 若手を育てる環境がしっかりしている

 

入社した後のためのビジネスマナーも教えてくれる

社会人経験が全くない人や数ヶ月〜数年社会人をやったけれども、ビジネスマナーに不安がある人のために様々な研修を用意しています。

 

  • 第二新卒AGENTneo独自の内定者研修
  • 電話の取り方や名刺の渡し方、社会人としての話し方などの基本的なビジネスマナー
  • 入社後もキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれる

 

転職先を決めるだけではなく、内定後の不安も解消してくれる転職エージェントです。

 

なかなか自分ひとりでは転職活動が捗らない

転職活動をしよう!と思ってもなかなか行動に移せないものですよね。僕も転職しよう!って決めたものの、なかなか動き出すことができませんでした。

 

第二新卒AGENTneoのキャリアアドバイザーはこまめに連絡をとってくれます。僕自身はLINEでキャリアアドバイザーに悩みを相談したり、面接の日程をこうしたい!とか希望をガンガン送っていました。

 

また、僕が次の進路を決めきれず迷っている相談をしたところ、「じゃあ、一回オフィスにきて話をしよう。」と忙しい中何度も面談をしてくれました。転職希望者の悩みや相談ごとに対して親身になって寄り添ってくれる転職エージェントです。

 

 

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's
大手のマイナビが提供している「第二新卒・20代若手社会人向け」の転職サイト。「マイナビ転職」とは違って第二新卒・若手に向けたサービスです。大手ならではの転職市場や転職活動の情報を多く保有しており、セミナーも頻繁に開催してくれます。

 

「マイナビジョブ20’s」はこんな人にオススメ

  • やりたいことや自分に向いている仕事がわからない人
  • セミナー等で有益な情報を収集したい人
  • 第二新卒の女性

 

自分に向いている仕事がわかる

「マイナビジョブ20’S」では、毎年世界中で数千万人の求職者が受けている信頼性の高い適性診断を受けることができます。適性診断では、自分自身の性格や特徴を客観的に測定してくれます。以下は、テストを受けるとわかる一例です。

 

  • 自分の特徴
  • 仕事をする上で、自分のどんな特徴が強みになるか
  • 仕事をする上で、何が自分の弱みになりうるか

 

豊富なセミナー数

第二新卒・若手の転職活動をサポートするために毎週様々なセミナーを開催しています。

 

  • 女性向け キャリアアップ転職セミナー
  • 社会人経験3年未満の方対象!転職相談会
  • 未経験から専門的なスキルを身に付けて仕事がしたい方対象・転職相談会

 

この他にも毎週のようにセミナーが開催されています。しかも、セミナーの講師は20代での転職のノウハウを熟知したキャリアアドバイザーなので、とても有用な情報を得ることができます。

 

第二新卒の女性へのサービスが手厚い

マイナビ20’sには多数の女性のキャリアアドバイザーが在籍しており、僕自身のアドバイザーも女性だったし、面接の練習を担当してくれたアドバイザーの上司も女性でした。面接練習をしてくれた上司はメチャクチャ厳しかったですが、面接を通過するために的確なアドバイスをたくさんいただきました。

 

マイナビ20’sは女性へのサービスが物凄く手厚いです。

 

  • 女性でもキャリアアップできる環境に身を置きたい
  • 子育てなどがあるので、ワークライフバランスを重要視したい
  • 周囲の協力を得られる働きやすい環境を探している

 

女性ならではの悩みを解決してくれる転職エージェントです。

 

 

転職サイトのリクナビNEXT

リクナビNEXT
言わずと知れたリクルートの転職サイトです。転職サイトは、転職エージェントとは違い、キャリアアドバイザーと伴走するのではなく自分自身で求人に応募し、面接を受けます。転職者の8割がこのリクナビNEXTを使っていて、大企業ならではの圧倒的な求人数豊富なサービスを受けることができます。

 

「リクナビNEXT」はこんな人にオススメ

  • どんな求人があるのかたくさん探してみたい人
  • 自分ひとりで転職活動を進めたい人

 

圧倒的な求人数と更新頻度の高さ

大手ならではの求人数が魅力的です。もはや求人を見るのが楽しくなってしまうくらい様々な業界・職種の求人が掲載されています。

 

求人サイトのうち、リクナビNEXTでしか掲載していない案件がなんと85%もあります。企業側からしても、とりあえず求人は「リクナビNEXT」に載せておこうっていうぐらい有名な求人サイトです。

 

また更新頻度も高く、毎週のように新着求人が更新されます。

 

自分ひとりで進めるためのツールが豊富

小さな転職エージェントと比べるとキャリアカウンセラーによるサポートはあまり厚くありません。それを補うかのようにひとりで転職活動を行うためのツールが豊富に揃っています。

 

  • リクルート独自の「グッドポイント診断」で自分の強みを発見できる
  • 転職の基本から円満退職まで網羅された転職ガイド
  • 面接に受からない理由を明確にする「あなたが受からない理由、診断します」
  • 転職の専門家が答えてくれる「転職Q&A」

 

ひとりで転職活動をしたい人は「リクナビNEXT」から求人応募しつつ、ツールを使いながら自己分析等を進めていけばいいでしょう。僕自身も他のエージェントにはない求人は、リクナビNEXTから応募しました。

 

 

転職エージェントに登録してからの大まかな流れ

転職エージェントによって、それぞれ特徴はありますが、登録してから面接を受けるまでの流れはだいたい同じです。これから、第二新卒向けの転職エージェントに登録した後の話をします。

担当のキャリアアドバイザーから連絡が来る

第二新卒 キャリアアドバイザー
登録後、それぞれの転職エージェントの担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ます。連絡の内容は、「一度弊社に来てもらって経歴や希望条件等の詳細を話しましょう。それから転職活動の具体的なアドバイスや求人紹介をさせて頂きます。」という感じです。

 

ここで転職エージェントへの訪問日を決めます。日数を空けると行くのが面倒くさくなるので、なるべく早めに行くようにしましょう。

 

持ち物についての案内もあります。転職エージェントによって異なりますが、履歴書と職務経歴書を持っていくなり、事前にWEB上にアップするように指示があります。

 

転職エージェントに訪問する

第二新卒向け転職エージェント 訪問
実際に転職エージェントに訪問します。どのエージェントも受付を済ませると担当者が迎えに来てくれます。基本的に、担当者とマンツーマンでのカウンセリングとなります。

 

まず最初に、所定のフォームに従って書類を記入していきます。転職エージェントによっては、どの仕事が向いているかわかる適正診断テストを受けることになります。

 

一通りの書類記入が終わると履歴書や職務経歴書、他の書類に沿ってキャリアアドバイザーからいろいろヒアリングされます。聞かれる内容は人によって様々ですが、当然「なぜ転職したいのか?」は聞かれることになります。転職したい理由がなければ、転職エージェントには行かないと思いますが、ある程度「なぜ転職したいのか」を言葉にできるようにしておきましょう。

 

僕の場合は、「営業がやりたい!もっと自分のコミュニケーション能力を生かしたい!」などの希望を言いまくりました。その結果、あるキャリアアドバイザーの方から、「あごながくんの場合は、営業に拘らなくてもいいと思います。むしろ、若手に大きな仕事を任せてくれる会社や若い人が多くて勢いのある会社なんてどうかな?」とアドバイスを頂きました。

 

カウンセリングや適性診断テストを受けることで、自分にピッタリの業界や職種、企業が見えてきます。キャリアアドバイザーはひとりひとりの適性を見極めたあと、転職エージェントで持っている求人を紹介してくれます。

 

「受けたいところをピックアップしてみてください。」と言われるので、素直に受けてみたい求人にチェックを入れます。その後、興味のある求人に応募するかどうか決めます。

 

企業に応募する

第二新卒に特化した転職エージェント
キャリアアドバイザーから紹介を受けた求人で、受けたい企業をアドバイザーに伝えます。基本的に転職エージェントを介した求人は自分から企業に書類を送る必要はありません。事前に提出した履歴書と職務経歴書を、キャリアアドバイザーが応募先の企業宛に送ってくれます。

 

就職活動のときのように、1社1社に対して書類を送る必要がないので、無駄な手間を省くことができます。複数企業に応募する場合でも、書類の送付はすべてキャリアアドバイザーがやってくれます。

 

書類選考に通過すると、企業からキャリアアドバイザーに選考通過の連絡が入ります。私たちは、キャリアアドバイザーから選考通過の連絡を受けることになります。選考通過の通知を受けると同時に、次の流れを説明を受けます。各企業によって、いきなり面接だったり、まずは説明会から参加のところもあります。

 

面接や説明会の日程調整

第二新卒 面接や書類選考
書類選考を通過した後の面接や説明会等の日程も、すべてキャリアアドバイザーが調整してくれます。そのため、我々転職希望者がやることは、空いている日にちを伝えるだけで大丈夫です。

 

また、転職エージェントによっては、面接本番の前に「面接練習しましょうか?」と連絡をしてくれます。自分の強みや何がしたいかが明確でない人は書類選考の前に何度か転職エージェントに通うことになりますが、面接本番前も転職エージェントに訪問することになる人は多いでしょう。

 

面接の選考結果の連絡

第二新卒の転職
面接の選考結果の連絡も転職エージェントを通して連絡が来ます。不採用になった場合、転職エージェントによっては、不採用になった原因をフィードバックしてもらうことができます。不採用になった原因をもとに、キャリアアドバイザーと共に戦略を練り直すことで、次の面接では同じ失敗を防げるようになります。

 

内定をもらった場合は、その企業に行くか行かないかなるべく早く返事をしなければなりません。企業側も第二新卒枠を少ししか儲けていないところが多いので、ある一定数内定者を出したら採用活動を一時的にストップする可能性があります。できるだけ、早くキャリアアドバイザーに内定が出た企業に行くか行かないかを伝えましょう。

 

基本的には、転職エージェントと企業の付き合いもありますから断りづらいです。しかし、そこは自分の人生を大きく左右する瞬間です。たとえ、何か言われたとしても自分の意志は曲げないようにしてください。内定が出た企業に行きたかったら行く。どうしても行きたくなかったら、謝ってでも断ってください。

 

内定後研修

第二新卒の転職エージェント アフターフォロー
転職エージェントでは、内定が出たらそれで終わりというわけではなく、アフターフォローをしてくれるところが多いです。特に第二新卒の場合、ビジネスマネーは身についているものだと思われることが多いです。ビジネスマナーに自信がない人は、転職エージェントが主催する内定者研修に参加させてもらうといいでしょう。研修では、敬語や挨拶のマナーから始まり、名刺交換など社会人として必要最低限なことを教えてくれます。

 

入社後もフォローしてくれる

転職エージェント 第二新卒
入社後も定期的にキャリアアドバイザーの方がフォローしてくれます。悩みがあれば遠慮なく相談しましょう。心が折れそうなときに気にかけてくれる人がいるのはとても心強いです。

 

以上が、転職エージェントに登録した後の大まかな流れです。なかなか転職エージェントに行くのは気が引けるという人は、エージェントのことをあまりよく知らないだけだと思います。キャリアアドバイザーは私たちの転職活動をより納得のいくものへと導いてくれます。僕自身もキャリアアドバイザーの存在がなかったら、納得できるような転職活動はできていなかったと思います。自分のこと以上に、自分の将来のことを考えてくれたキャリアアドバイザーに感謝しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA