僕は、長年腰痛や肩こりに悩み、ボディメイクシートスタイルを使うことを決意しました。

 

当初はStyle(スタイル)を購入して、自宅で使用していたのですが、職場にも1つほしいなと思って、スタイルアスリートを購入しました。

 

なぜ、値段の高いスタイルアスリートにしたかというと実際に座ってみたところ、Styleよりもフィット感があり、快適にデスクワークができそうだったからです。僕自身、スポーツをやっていることもあり、姿勢がパフォーマンスに影響するということを感じていることもスタイルアスリートを購入したきっかけの1つです。

 

スタイルアスリートを使ってみて

実際に使用してみて感じる点を述べていきたいと思います。僕がStyleを使っていたことも踏まえ、スタイルアスリートのほうがいいなと思ったことも書いていきたいと思います。

 

  • 腰部が中心にあるクッションで押され、自然と姿勢が良くなる
  • 腰椎や腸骨が左右から包み込まれ、フィット感がある
  • 前傾した座面の傾斜により、カラダの前に重心を置くことができる
  • お尻部分はフィット感があり、ブレにくい

 

スポンサーリンク

 

腰部が中心にあるクッションで押され、自然と姿勢が良くなる

style athlete
スタイルアスリートは、10個のブロックで構成されています。写真を見ればわかりますが、それぞれのブロックが、腰椎や腸骨、仙骨、股関節、大腿骨、尾骨を支えています。

 

スタイルアスリートは、真ん中に出っ張っている「仙骨」を押すブロックが特に重要な役割を果たします。仙骨を押されるだけで、背筋がグッと伸び、正しい姿勢をとることができます。

 
スタイルアスリート
 

僕は仙骨を押されることによって、カラダの正しいポジショニングを意識できるようになりました。また、座っているだけで背骨や骨盤が安定され、正しい姿勢を維持できるようになりました。

 

腰椎や腸骨が左右から包み込まれ、フィット感がある

ボディメイクスタイル アスリート
座るだけで、左右から包み込まれる感覚があります。

 

腰をしっかり支えてくれるので、姿勢が崩れにくくなります。また、左右からサポートされているため、横へのブレを防いでくれます。片側だけに傾くと、片方のお尻や腰への負担が増大してしまいます。腰椎や腸骨がサポートがその左右へのブレを防いでくれます。

 

長い時間座っていてもカラダが左右にブレることがないため、負担が減り、以前より長時間座っていることができるようになりました。

 

前傾した座面の傾斜により、カラダの前に重心を置くことができる

スタイルアスリート
以前は、座っていると疲れてきてだんだんお尻が前のほうにでてきて、だらしない姿勢になってしまいがちでした。しかも実はこの姿勢は腰に体重がかかりすごく負担がかかってしまいます。

 

スタイルアスリートは座面の傾斜により、座ってみるとカラダの重心を前に置くことができます。前に重心を置くことができるので、骨盤がしっかりと立ち、いい姿勢をキープすることができます。お尻がだんだん前に出てくるなんてことはありません。

 

お尻部分はフィット感があり、ブレにくい

Style Athlete
スタイルアスリートは、とにかくカラダにフィットします。

 

お尻にもしっかりフィットするため、ずっと同じ姿勢をとっていられます。ブロックがしっかりカラダをサポートしてくれるため、姿勢が悪くなりにくいです。

 

スタイルアスリートは今や、デスクワークには必要不可欠な存在となっています。スタイルよりいいと思った点は、仙骨を押すクッションとフィット感だと思います。

 

スタイルアスリートの公式HPはこちら

 

ボディメイクシートスタイルの購入を検討されている方は、一度ボディメイクシートスタイルとは?全種類に座ってみた感想!を参考にしてみてください。きっと自分に合った姿勢矯正グッズが見つかると思います。