ボディメイクシートスタイル

ボディメイクシートスタイルとは?全種類に座ってみた感想!で紹介したとおり、MTG社が販売するボディメイクシートには数種類あり、どれが自分に合うのかを選ばなければなりません。僕はこれだけ種類がある中で、「Style」と「Style Athlete」を購入しました。これから僕がスタイルシリーズの中でこれら2つを購入した経緯と実際に使ってみて感じたことを述べていきたいと思います。

 

Styleを購入したきっかけ

僕は小学校5年生から腰痛を抱えていました。小学生の時は野球でキャッチャーをやっていたのですが、腰痛がひどくてポジションを移らなければならなかったほどです。その時は整形外科や整骨院、整体に行っても決まって「成長痛」と言われました。たしかにあの頃は身長もぐいぐい伸びていたので、僕自身も早く成長痛が終わらないかなと思うだけでした。

 

しかし、大人になってからも、相変わらず腰は痛いし肩は凝り続けました。そこで整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、「頚椎と腰椎の骨のつなぎ目が生まれつき潰れている」と言われました。「どうやったら、治るんですか?」と聞くと、「こればかりは仕方がない。」と言われ、会話が終わりました。

 

仕方ないって・・・

 

「あんた、それでも医者か。」と言いたい気持ちを抑え、帰宅しました。原因がわかったところで仕事を辞められるわけではありません。どんなに腰が痛くても、肩が凝っていても、デスクワークからは逃れることはできない環境にいました。そこで僕は腰痛対策のために本やホームページを見て回ることにしました。しかし、そこに書いてあるのは、

 

  • 長い時間、椅子に座らないこと
  • ずっと同じ体勢で仕事をしないこと
  • 正しい姿勢を維持すること

 

「そんなのサラリーマンには無理でしょ。」と思いました。ずっと座っていれば疲れて姿勢だって悪くなってくるものです。そこで僕はできるだけ腰痛や肩凝りになりにくなるように多くの対策をしようと決心しました。そこで出会ったのが、ボディメイクシートスタイルでした。

 

ある日家に帰宅すると、変なものが自宅においてありました。

 

ボディメイクシートスタイル

 

弟が買ってきたものでした。僕の弟はシステムエンジニアということもあり、長時間に渡るデスクワークが当たり前でした。そんな中で姿勢が悪くなり、ひどい肩こりに悩んでいました。弟と2人で病院に行ったけれども痛み止めを渡されて終わり。これでは根本的な解決にはなりません。

 

それで弟も僕と同じく、カラダの負担を軽減させるためにいろんなことを試し、口コミで評判の良かったStyleに辿り着いたそうです。

 

実際に使用して感じたこと

僕はこれだけ種類がある中から「Style」と「Style Athlete」を購入しました。これから僕がスタイルシリーズの中でこれら2つを実際に使ってみて感じたことを述べていきたいと思います。

 

Styleを使用して感じたこと

Styleを椅子に置いて座った感想は、

 

「腰がしっかりと立ち上がる」

 

ということでした。僕は座り始めは姿勢がいいのですが、疲れてくるにつれて姿勢が悪くなってしまうタイプでした。だから時間が経つにつれ座り方がどんどん浅くなってしまい、その姿勢で長時間作業すると首や腰、背中にかなりの負荷をかけていました。

 

Styleを使って座ると腰がしっかり立つので、その結果、顎も自然と引け、負担が少なくなりました。ストレートネックの予防にも効果があります。お尻部分が硬いのと慣れない姿勢の維持に、最初は負担を感じるかもしれないけれど、慣れればむしろ楽になってきます。

 

何よりデスクワークをしていても首や腰、背中がコリにくくなりました。腰痛予防には姿勢が大事だということはわかっていたのですが、正しい姿勢を維持することができなかった僕にとってStyleの効果は絶大でした。

 

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット

  • 座るだけで無意識に正しい姿勢をとることができる
  • 正しい姿勢を維持することができる
  • 腰が立ち、背筋が伸びるので呼吸が楽になる
  • 腰痛や肩凝りを予防する

 

デメリット

  • お尻部分が硬いので慣れるまでに時間がかかる
  • 1サイズしかないので、お尻が大きすぎる人は使えない
  • 持ち運びには適さない

 

多少のデメリットはあるものの、Styleは安価に姿勢矯正をしたい人には最適です。

 

ボディメイクシートスタイルの公式HPはこちら

 

スポンサーリンク

 

Style Athleteを使用して感じたこと

ボディメイクシートスタイル
当初は「Style」のみを使用していましたが、職場用に「Style Athlete」も購入しました。

 

ボディメイクシートスタイル
「Style」を長期間使っていたことを踏まえ、「Style Athlete」の方が良いと感じた点をまとめてみました。

 

  • 腰部が中心にあるクッションで押され、自然と姿勢が良くなる
  • 腰椎や腸骨が左右から包み込まれ、フィット感がある
  • 前傾した座面の傾斜により、カラダの前に重心を置くことができる
  • お尻部分はフィット感があり、ブレにくい

 

僕はスポーツをやっていることもあり、「Style Athlete」のほうが姿勢矯正の効果が高かったような気がします。ボディメイクシートスタイルシリーズはいろんな種類があるので、カラダや価格と相談しつつ、自分に最適なものを選ぶのがいいと思います。MTG社の製品はどれも効果が高いので、腰痛や肩こりに悩んでいる人、美しい姿勢を手に入れたい人には特にオススメの商品です。

 

スタイルアスリートの公式HPはこちら