あごながおじさんのMacBookの電源がつかなくなってしまった。
急いでApple Storeに向かい、パソコンを修理してもらうことにした。

ブログ始めよう!と決意した瞬間MacBookが故障した。

 

しかし、そこで言われたことは残酷なことであった。

 

AppleboyAppleboy

データのバックアップは取っていますか?

あごながおじさんあごながおじさん

バックアップだと!?なんだそれは?

AppleboyAppleboy

バックアップを取っていないとデータが全部消えてしまう可能性があります。こちらにデータが消えてしまう可能性があることに理解したという旨を署名をして頂かないと修理できません。

あごながおじさんあごながおじさん

な、なんだと!!このPCの中にはあごながおじさんの5000枚の写真をはじめ、思い出が詰まってるんだ・・・

AppleboyAppleboy

ハードは壊れますからね

 

パソコンが壊れても中のデータは残るから大丈夫だろうと考えていたあごながおじさん。結局データは消えることなく修理が完了したのだが、これを機にバックアップを取ろうと決意した。

 

あごながおじさんあごながおじさん

バックアップってどうやってとるんですか?

AppleboyAppleboy

まあ、一般的には外付けのHDDに保存したりしますよね。下の階にも売ってますよ。

あごながおじさんあごながおじさん

さすが営業上手。でもいろいろ調べてからにします。ありがとうございました。

 

帰宅し、どうしようか考えていると弟からアドバイスをもらった。

 

弟

Google Driveにバックアップとればいいウホ。

 

あごながおじさんあごながおじさん

なにそれ?てかいつからゴリラになったの?

 

弟

ハードは壊れるからね、クラウド上に保存しとけばいいウホ

 

あごながおじさんあごながおじさん

雲の上に保存しておけばいいのか・・・よくわからないな。

 

弟

icloudもその類だウホ。でもクラウドといえばAmazonやMicrosoft、Googleが大規模なクラウドサーバーを持っているんだウホ。。Appleはこれらのところからクラウドサーバーを借りているんだウホ。だから無料で使えるは5GBまで。でも大規模クラウドサーバーを持っているGoogleを使えば15GBまで無料だウホ

 

ゴリラとのやりとりを終えたあと、Google Driveに写真を保存しておくことを決めた。クラウド上に保存しておけば、自分のPC以外の他の機器でも見ることはできるし、PCが万が一壊れてもクラウド上にデータが残っているので安心だ。

iphoneとかをよく水没させてしまう人はバックアップが必須だろう。

バックアップ方法をまとめると2つあることがわかった。
①外付けのハードディスクにデータを保存する
②クラウド上にデータを保存する

弟

※Amazon Prime会員になると写真を無制限に保存できるAmazon Driveが無料で使用できるんだウホ。